「駅名の英語表記」はなぜこうもバラバラなのか

東洋経済オンライン
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

看板の英語表記の謎、考えたことがありますか?(写真:tarousite/PIXTA)

ものを書く機会が多いせいか、筆者は日ごろから掲示や印刷物などの表記がつい気になってしまいます。よく丸ノ内線を利用するのですが、電車に乗りながら「『丸ノ内線』はカタカナの『ノ』を使って表記するのに、『丸ビル』はひらがなで『丸の内ビルディング』なんだなぁ……」とか、「隣り合う『四ツ谷駅』と『四谷三丁目駅』で『よつや』の表記が違うのはなぜだ?」などと考えてしまいます。

この連載の一覧はこちら

「つくづく日本語って難しいね」なんてひとりぼやくことも多いのですが、先日はローマ字表記に目が行きました。

東京駅の駅名標、丸ノ内線ではTokyoなのに、JRではTōkyōと書かれているではないですか! ローマ字表記での長音の表し方には正式なルールがあるのでしょうか。

いい機会なのでいろいろと調べてみたのですが、何やらローマ字には複雑な事情がある様子。このローマ字問題、ちょっとだけ一緒に考えてみませんか。これからはきっと、皆さんもローマ字が気になってしまうかも……。

ヘボンはヘプバーン?

調べてみてわかったのですが、ローマ字の表記法にはいろいろなスタイルがあるようで、これらが混在して使用されているのが現状のよう。どうやら日本におけるローマ字の成り立ちが影響したようなので、簡単に説明します。ここでは、2005年の『国土地理院時報』の108集に掲載されていた「地名のローマ字表記」の中の「ローマ字表記の歴史」を参考にさせていただきました。

日本で初めてローマ字が使用されたのは1549年にフランシスコ・ザビエルがキリスト教の布教を始めたときのようです。このころはポルトガル語やイタリア語の発音に即したローマ字が使用されていたとのこと。ところが、1613年に始まったキリスト教弾圧により、このローマ字は消滅したそうです。

江戸時代半ばに洋書が解禁されると、幕末にかけては蘭学が盛んになってきます。すると、オランダ語やドイツ語に即したローマ字が使われるようになったそうなのですが、これは標準化されることはなく一部の人々が使用するにとどまったようです。

その後、1867年(慶応3年)にアメリカ人宣教師のJames Curtis Hepburnが「A Japanese and English Dictionary with an English and Japanese Index(和英語林集成)」の中で、子音は英語、母音はイタリア語(ラテン語)を基本にして作成したローマ字を使用します。これが、現在使用されているローマ字の1つで、「ヘボン式」と呼ばれているものです。

皆さんも「ヘボン式」という名前をどこかで耳にしたことがあると思いますが、それが考案者のHepburnの名前のことだったというのはご存じでしたか。筆者は今回初めて知りました。たしかにHepburnと英語で発音すると、「ヘボン」と聞こえなくもないですね。ご本人が日本では「ヘボン」と名乗っていたという説もあるようです。

でも、女優のAudrey Hepburnは「オードリー・ヘボン」ではなく、「オードリー・ヘプバーン」とか「オードリー・ヘップバーン」と言いますよね。Hepburnは「ヘボン」と決めたのであれば、「オードリー・ヘボン」に統一してほしかった……。英語のカタカナへの置き換え方法もさまざまのようですね。

表記の混在から統一へ

このヘボン式が急速に広まってくると、1885年(明治18年)に田中舘愛橘という地球物理学者がヘボン式の使用に反対して、日本語の五十音図に合わせた「日本式ローマ字」を提唱します。これによって、「ヘボン式」と「日本式」は激しく対立をしていったそうです。

中央気象台や陸軍省陸地測量部、海軍水路部、海軍省などが「日本式」を採用する中、鉄道省は「ヘボン式」を採用。「ヘボン式」と「日本式」の2つができたことで、日本国内でローマ字表記法が定まらないという問題が生じてしまいました。すると、海外でも日本の地名表記法に困惑、1928年(昭和3年)には万国地理学会会議が、地名のローマ字表記を統一してほしいと、日本政府に依頼する事態に陥ります。

1930年(昭和5年)に臨時ローマ字調査会が設置され、議論の結果、日本政府は1937年(昭和12年)の内閣訓令第3号をもって、ローマ字表記の方法を統一しました。このときに制定されたローマ字表記は「訓令式」と呼ばれています。この「訓令式」は「日本式」に近いスタイルだったそうです。「ヘボン式」を使用していた鉄道省も、これを機に「訓令式」を採用します。

「ヘボン式」と「日本式」の対立から、「訓令式」への統一が叶い、ローマ字紛争も一段落かと思いきや、1945年(昭和20年)に連合国軍最高司令部(GHQ)が公共の建物や駅などの名称を「ヘボン式」で表記するように命令します。1937年の訓令は廃止されていませんので、日本としての公式なローマ字表記は「訓令式」ということに変わりはないのですが、街には再び「ヘボン式」が復活し、「訓令式」と「ヘボン式」が混在することになったようです。

そして、1954年(昭和29年)の内閣訓令第1号によって1937年の内閣訓令第3号が廃止され、新たなローマ字表記のルールが制定されます。この訓令は文化庁のサイトにも掲載されています。それは「訓令式」が基本の表記法であるとしながら、「ヘボン式」と「日本式」の使用も認めるという内容になっており、公式に「ヘボン式」「日本式」も復活をすることとなります。

筆者が東京駅で目撃したTokyoTōkyōの表記の謎を解明すべく、3つのローマ字表記での長音記号の扱いを調べてみました。「ヘボン式」では、長音には原則としてマクロンという横棒を母音の上につけるようです。「日本式」や「訓令式」では長音にはサーカムフレックス(山形)をつけるとのこと。

「いい」のときには、長音記号をつけずにiiとつづることが多いようです。でも、「ビール」や「シーツ」のような外来語は、なんとなく長音記号のほうがしっくりくる気もしますが、これもiiとつづることが多いのでしょうか。そこまで細かく説明している資料がなく、はっきりとはわかりませんでした。

また、「えい」もē/êではなく、eiとつづることが多いのだとか。「ええ」や外来語の「エー」はē/êで大丈夫なようです。「おお」については、ō/ôが基本ですが語末に来る場合には長音にせずにooとつづるようです。たしかに、最後が「お」のときは伸ばす音という感じではないですもんね。

上記のような例外も多く、こういったところがローマ字を難解にしている原因かもしれませんね。上記の表は、さまざまな資料を参考に、表記ルールを読みながら作ってみたのですが、すでに正しいのかどうか筆者も不安な状態です。ただ、どの方式でも基本的には長音記号を使うことになっているところは確信しました。だとすると、丸ノ内線のTokyoというつづりは、正確には間違いということなのでしょうか。

気になってネットでいろいろな路線の駅名標の写真も検索してみると、東京メトロの駅名標にはマクロンを使用しているものとないものの両方があるよう。都営地下鉄の駅名標でも両方が出てくるのですが、もしかすると古い駅名標と新しい駅名標で表記が異なっているのかもしれません。どこかの時点で長音記号の使用をやめたということでしょうか。新しい駅名標はマクロンがないように見受けました。

また、小田急線や東武線でもマクロンはない様子。西武線や京王線はマクロンつき。各社表記はさまざまですが、そもそもローマ字として長音記号をつけないTokyoというのがありなのかどうか、気になるところです。

いろいろなヘボン式

調べてみると、駅名標は基本的に鉄道掲示規程 (1947年7月26日 達398号)に従って表記されているよう。この規程は「改修ヘボン式」を採用しているとのことですが、「改修ヘボン式」って何?

ヘボン式は1867年(慶応3年)に「和英語林集成」の第1版で公表されたもの、それに修正が加えられて1886年(明治19年)の第3版で発表されたもの、その後1908年(明治41年)にローマ字ひろめ会という団体が「和英語林集成」第3版の表記に修正を加えたもの、それから1954年(昭和29年)に研究社の『新和英大辞典』第3版で修正が加えられたものの4つがあるようです。ひと口に「ヘボン式」と言ってもバリエーションがあるのですね。

鉄道掲示規程の「改修ヘボン式」というのは、おそらくそのうちのどれかを指しているようなのですが、名称については「修正ヘボン式」「改修ヘボン式」など、呼び方が統一されていないようで、どれがどれを指しているのか、筆者にはよくわかりませんでした。

呼び方はさておき、1954年に修正されたヘボン式では、b, m, pの前の撥音(「ん」)にmでなくnを使うというところが、それ以前のヘボン式とは違うよう。でも、駅名標では基本的にはb, m, pの前の撥音はmで表記されているので、この鉄道掲示規程は「和英語林集成」のヘボン式のどちらか、またはローマ字ひろめ会の修正したヘボン式に準拠しているのでしょう(撥音「ん」の表記のルールについては、後ほど説明します)。

ところが、鉄道各社間でも微妙な表記の差があるようで、b, m, pの前の撥音がmになっていない鉄道や駅も存在するとのこと。皆さんがよく利用する鉄道ではいかがですか。ちょっと意識してチェックしてみると、おもしろいかもしれません。ちなみに、道路標識では、すべての撥音がnで表記されているらしいです。いやはや……。

ただ、どのヘボン式でも長音記号は使用することになっていますので、このTokyoというつづりはいったい何式なのでしょう。

英語の中での日本語表記

さらに調べてみると、ヘボン式はそのほかいろいろなところで使われていますが、皆さんに身近なものとしてはパスポートがありますね。パスポート用に使用されているヘボン式も独自のルールになっているようで、ここでは長音記号は省略されているとのこと。

また、英語の中で日本の地名や人名を表記するときなどには、基本的に長音記号は省略されることが多いようで、学校の英語の教科書などでも、長音記号は入っていないそうです。たしかに、言われてみると入っていなかったですよね……。英語の中でも忠実にヘボン式で表記するなら、

I bought this book in Jimbōchō. (この本、神保町で買ったんだよ)

とするべきでしょうが、こんな表記見たことないですよね。ふつう、

I bought this book in Jimbocho. (この本、神保町で買ったんだよ)

と英語では書きますよね。そう考えると、丸ノ内線のTokyoのように長音記号がないものはローマ字なのではなく、英語であって、JRのTōkyōのようにマクロンつきのものがローマ字表記と思えばいいのかもしれませんね。

でも、マクロンなしの場合、日本語の母音の長短をまったく無視しているので、本来の読み方がよくわからなくなってしまいます。英語の中で日本語を表記するときには、ヘボン式がいちばんしっくりくるのは言うまでもありませんが、発音を優先するのであれば、むしろ英語でもマクロンをつけるほうがいい気がしてきました。皆さんはどう思いますか。

富士急行線の「富士急ハイランド」駅のつづりを例にして、一緒に見てください。実際の駅名標はマクロンなしのヘボン式になっていて、「ハイランド」の部分は英語でつづっていますが、ほかのバージョンにしてみると、こんな感じ……。

筆者の好みとしては「マクロンあり、英語式」がいいですね。でも、「長音記号があるかないかで、英語とローマ字が区別されるのかも」と言っておきながら、これだとまさにローマ字と英語のちゃんぽんになってしまいますが……。でも、やっぱり個人的には、英語の中でもマクロンありにするのが筆者は好きですね。

「上大岡」はどうつづる?

京急線に「上大岡」という駅がありますが、ひらがなで「かみおおおか」と書くとわかるように、母音が連続しています。「大」の「おお」は「お」の長音、最後の「お」は「おか」の初めの音ですね。これを長音なしで表記するとKamiookaとなって、すごく読みづらいです。マクロンをつけてKamiōokaとなっていれば長音の「お」のあとに短い「お」が続くとわかりやすいです。

ちなみに京急線ではKamiōoka、横浜市営地下鉄ではKamiookaとなっているそう。やっぱりマクロンの存在は大きいと思いませんか。Which one do you like better? (皆さんは、どちらのほうがいいですか)。

駅名だけでなく、名前のつづりでも同じですね。「川澄」さんと「川藤」さんも、KawatoKawatōになっていれば区別ができます。KawatohとかKawatouというつづりは、本来ローマ字の表記には存在しないものですが、パスポートでの表記では許容されるものなのだとか……。パスポート用の表記の話になると、さらにややこしいようです。でも、これって、ちゃんと家族で統一しておかないと、海外に行ったときに厄介ですよ。

ただ、日本語をまったく知らない英語話者にしてみると、マクロンつきのアルファベットを使用されても、結局それをどのように発音すればいいのか知らないので、マクロンがついていようがいまいが、正しく発音できないというのが現実でしょう。すると、英語ではマクロンをつける必要がないとなるのも仕方がないのでしょうか。日本語も英語もわかる立場で見ると、マクロンはつけてほしいのですけれど……。

ともあれ、筆者の結論としては、マクロンがついていないものは英語表記、ついているものはローマ字表記と思うことにしようと強引にケリをつけてみました。

納得して帰路につく筆者が京王線に乗ると、車内での電光掲示にはChōfuと、長音記号がついていました。「京王線はローマ字か……」と眺めていると、その後に中国語と韓国語での表示が続くではありませんか。ということは、やっぱりこれは英語のつもり?どうにも一筋縄ではいかぬようですね。

最後に、ご興味のある方のために、「ヘボン式」「日本式」「訓令式」の3つのローマ字表記法で異なる部分を表にしてみました。微妙に修正されたものや亜種や新種のようなものがたくさんあり、それらも同じ名前で呼ばれたりしているので、表にしながらますます混乱してしまったのですが、まずは直音から見てください。間違っていたら申し訳ないです。いや、それほど複雑なルールだということが理解いただけるかと(笑)。

こうしてみると、ふだん目にするのはやはり「ヘボン式」がほとんどのような気がしますね。「日本式」や「訓令式」にはあまりなじみがないですよね。それぞれの方式で、これらを含む単語をローマ字表記にしてみましょう。

筆者は英語に慣れてしまっているせいか、「日本式」や「訓令式」をついつい英語ふうの読み方で間違って読んでしまいそうです。どうしても「フジツボ」が「ヒュズィテュボ」に、「小千谷」が「オディヤ」に見えてしまいます……。慣れの問題だとは思いますが。

富士急行線の「富士山」駅の駅名標はもちろんヘボン式(の変種)ですので、Huzisanではなく、Fujisanとなるはず!と思って調べたら、なんとMt. Fujiと英語になっていました……。これは紛れもなく英語ですよね。なのに、同じ路線の「河口湖」はLake KawaguchiではなくKawaguchikoとなっているみたいなのです。うーむ……。

拗音は読みやすさか、つづりやすさか

次に拗音を見てみましょう。

発音を考えながらローマ字を書くと、「ヘボン式」がいちばんしっくりくるのですが、音に引っ張られずに日本語のかなをアルファベットに置き換えるイメージでいくと、「日本式」や「訓令式」のほうが実はシステマティックで便利。英語とは関係なく、単に日本語をアルファベットで表記するという目的であれば、「日本式」や「訓令式」のほうが適しているのかもしれませんね。

実際の単語の例もあげてみましょう。

「くゎ」「ぐゎ」という合拗音は、19世紀の初めころには直音の「か」「が」と区別されなくなってきていたようですが、元々のヘボン式と、日本式ではこの合拗音にkwa/gwaと別途つづりをあてています。そういえば、小泉八雲(P. Lafcadio Hearn)の「怪談」はたしかKwaidanというつづりでしたね。子どものころに「なんでKaidanじゃないの?」と疑問に思ったのを覚えています。

促音(つまる音「っ」)と撥音(はねる音「ん」)についてもルールに違いがあるようです。「日本式」「訓令式」では、シンプルに促音は子音を重ね、撥音はnと決まっています。それに対して、「ヘボン式」の促音はshのときはsを重ねて、chのときにはtをつけるのだそう。駅名標の話のところでも出てきましたが、撥音はb, m, pの前ではmを使うというルールがあるそうです。

アポストロフィやハイフンの使用も

また、撥音のnのあとに母音やy/nが続くときには、拗音や促音と区別するためにアポストロフィやハイフンが使われるようです。「ヘボン式」や1937年の「訓令式」では「ハイフン」、「日本式」や1954年の「訓令式」ではアポストロフィとなっているよう。もう、覚えきれないですね、これ……。どれかに準拠しようと思っても、混同してしまいそうです。

撥音の後にハイフンを使用する例としては、東急電鉄「田園調布」駅のDen-en-chōfu、 JR「新大久保」駅のShin-Ōkuboなどがあります。ところが、東京メトロの「溜池山王」駅はTameike-San-noではなく、Tameike-sannoという表記みたいです。妙にメトロだけ独自路線な気もするのですが、メトロの表記はローマ字ではなく、やはり「英語」にしているということなのかもしれませんね。

chの前の促音の表記例としては、JR「八丁堀」のHatchōbori、東京メトロ南北線「六本木一丁目」のRoppongi-itchomeなどがあります。sh前の促音はなかなか見つからなかったのですが、さいたま市にあるJR「日進」駅のNisshinが、東京近郊で筆者が思いついた唯一の例でした。皆さんのお住まいの地区には他にどんな例があるでしょうか。

鉄道会社ごとにローマ字の表記はさまざまのようですが、会社の管轄路線内でも表記法が統一されていないところもあるかもしれませんね。また、鉄道と道路標識の違いなども多くありそうです。

皆さんも、意識的にローマ字表記を観察して、矛盾した掲示などを発見してみてください。そして、どの表記がいちばんわかりやすいか考えてみてください。そもそもこの表記が、誰に向けたものなのかというところで、答えは変わるような気もしますね。

結局、駅名標にはどれがいちばん適しているのかというのは、筆者にはわかりませんが、I like Hepburn Romanization with chōonkigō (macrons) the best. (個人的なお気に入りはマクロンつきヘボン式ですね)

無断転載禁止
1290573 0 東洋経済オンライン 2020/06/25 12:03:11 2020/06/25 14:05:01

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ