終電30分繰り上げ、「深夜の帰宅」どう変わるか

東洋経済オンライン
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

首都圏の終電が30分繰り上げられたら、どんな影響がある?(写真:pretty world?PIXTA)

JR東日本は9月3日、2021年春から「東京駅から100キロ圏の各路線にて、30分程度の終電時刻切り上げ」を発表した。

終電繰り上げの理由だが、まず「新型コロナウイルスにより、深夜時間帯の利用が大幅に減少していること」が挙げられている。山手線の上野―御徒町駅間を例に取ると、終日の利用状況はコロナ前の38%減だが、0時台の6本は66%減と大きく減少したという。

JR東日本としては「新型コロナの感染が収束したとしても、テレワークやEコマース(電子商取引)などは、今後さらに広く社会に浸透することが想定されるため、お客様の働き方や行動様式は元に戻らない」として、今回の終電繰り上げを決めたという。

また、もう一つの理由としては「新規工事の増加」が過去10年間で約10%増加していることが挙げられる。これはホームドア設置やバリアフリーの充実といった、安全やサービス向上目的の工事が増えていることも理由である。工事量の増加にもかかわらず、人口減少により過去10年間で建設業従事者は約10%、JR東日本管内の線路保守作業員は約20%も減少している。今後も10年で10~20%も作業員減少が続くと見込まれる。

具体的内容は10月に公表

こうしたことから、現在3時間20分~3時間40分取られている「終電後の列車間合い」を、4時間~4時間半程度に増やすことで、大型機械の搬入などを容易にし、工期短縮と作業員の労力軽減を行うとしている。なお、始発電車の時刻についても、一部の路線では繰り下げされて遅くなるという。

JR東日本では、ダイヤ変更について「新型コロナの感染拡大防止のため、終電繰り上げが混雑による3密を招かないよう、必要により終電前の臨時電車増発を行う」としている。具体的な終電繰り上げの実施線区や、その内容は10月に発表するとのことである。

では、現行の運行時刻を示したうえで、終電が30分繰り上げられた場合を考察してみたい。なお、現行の終電を30分早めているだけで、確定したものではなく、参考でしかないことを初めに申し上げておく。また、JR東日本は「終着駅の到着時刻をおおむね午前1時ごろとする」としており、目安の1時を大きく超えている路線は少ないことから、それほどは変わらない可能性もある。

■山手線/外回り

東京0:24→大崎0:41→渋谷0:52→池袋1:09(現行/平日)

東京0:25→大崎0:41→渋谷0:52→池袋1:09(現行/土休日)

東京1:03→品川1:16(現行)

単純に30分繰り上がると、例えば山手線外回りで渋谷駅を目指した場合、東京駅23時55分発→渋谷駅0時22分着となる。東京メトロ銀座線では、東京駅に近い京橋駅が0時20分発(休日0時11分発)、渋谷駅着が0時37分着(休日0時28分着)なので、東京メトロのほうが遅い終電となる。

■山手線/内回り

東京0:39→日暮里0:51→池袋1:06(現行)

山手線内回りは、単純な30分繰り上げでは東京0時9分発→池袋0時36分着である。並行する東京メトロ丸ノ内線では、東京駅0時23分発(休日0時14分発)→池袋駅0時40分着(休日0時30分着)なので、こちらも東京メトロのほうが終電は遅くなる。

京浜東北線はどうなる?

■京浜東北線/北行

東京0:23→大宮1:17(現行)

東京0:40→赤羽1:06(現行)

東京0:59→上野1:07(現行)

京浜東北線北行は単純な30分繰り上げでは、大宮行の終電が東京23時53分発(大宮着0時47分着)、赤羽行の終電が東京0時10分発(赤羽0時36分着)、上野行の終電が0時29分発(上野0時37着)ということだ。ただし、現行の大宮行と、終電繰り上げ後の上野行が大差ない時刻となるため、、最終電車が大宮行になるといった配慮はなされる可能性もある。

■京浜東北線/南行

東京23:58→磯子0:54→大船1:09(現行)

東京0:28→横浜1:10→桜木町1:13(現行)

東京0:49→蒲田1:11(現行)

南行は単純な30分繰り上げでは、大船行が23時28分、桜木町行が23時58分、蒲田行が0時19分となる。

平行路線としては、東急東横線の最終が渋谷0時7分発→横浜0時49分着→元町・中華街着0時57分であり、出発地が渋谷に近い場所で、横浜や桜木町周辺が目的地の場合は、終電繰り上げ後は、東急線の終電のほうが遅くなる可能性がある。

■横須賀線

東京23:22→品川23:31→横須賀0:41→久里浜0:51(現行)

東京23:50→逗子0:54(現行)

横須賀線は単純な30分繰り上げでは、久里浜行が22時52分発、逗子行が23時20分発となる。

競合路線の京急線が品川0時2分発で、横須賀中央0時52分着→京急久里浜1時1分着(平日のみ。休日は品川23時33分発)なので、現行ダイヤでも京急線のほうが終電は遅い。

対して逗子は、現行ではJRは品川発0時4分の東海道線で戸塚駅に行き、横須賀線終電に乗り換えると0時54分着。京急は0時2分発の特急で、金沢八景乗り換えで逗子・葉山駅0時51分着なのでJRのほうがやや遅いが、繰り上げ後は京急のほうが遅くなると思われる。

上野東京ラインはどうなる?

■東海道線(上野東京ライン)

東京22:52→熱海0:42(現行)

東京23:54→藤沢0:46→小田原1:21(現行)

東海道線は単純な30分繰り上げでは、熱海行が22時22分発、小田原行が23時24分発となる。東海道新幹線の最終「こだま815号」は東京22時48分発→熱海23時39分着なので、対熱海駅だと終電繰り上げ後は、新幹線の方が終電は遅くなる。

競合する小田急線は新宿23時42分発→藤沢0時48分着(相模大野駅で乗り換え)→小田原1時07分着(土休日1時06着)である。終電繰り上げ後は、出発地が新宿に近ければ、小田急線のほうが終電が遅くなる。

■宇都宮線(上野東京ライン)

東京23:08→久喜0:01→宇都宮1:04(現行)

単純な30分繰り上げでは、東京発が22時38分となるはずだが、現行の宇都宮線最終は上野23時38分発(宇都宮1時25分着)なので、これを取りやめて東京23時8分発が残る可能性もある。

競合する東京メトロ半蔵門線・東武線は、大手町23時8分発→北千住23時35分発→久喜0時17分着なので、現行ではJRの上野発最終のほうが遅いが、終電繰り上げ後は出発地次第で、東武のほうが遅くなる可能性はある。

■高崎線(上野東京ライン)

東京21:59→高崎23:52(現行)

東京22:48→籠原0:04(現行)

単純な30分繰り上げでは、高崎行が21時29分発、籠原行が22時18分となるが、上野発は23時46分発の高崎行(1時37分着)があるため、東京発の最終電車時刻は変更がなされない可能性もある。上野発は繰り上げられる可能性が高い。

■常磐線(上野東京ライン)

東京23:04→土浦0:17→水戸1:05→勝田1:15(現行)

単純な30分繰り上げでは、勝田行が22時34分となるが、上野発については土浦行が23時42分発(土浦0時46分着)まであるため、こちらを廃止して東京発の時刻には影響がない可能性もある(ただし、土浦駅~勝田駅の作業間合い確保の関係で、勝田行が土浦駅止まりになる可能性もある)。

終電繰り上げ後は、秋葉原23時45分発のつくばエクスプレスで、つくば0時43分着なので、出発地・目的地によってはつくばエクスプレスのほうが終電が遅くなる。

■中央線

東京19:25→武蔵五日市20:50/高麗川20:58(平日/現行)

東京19:17→武蔵五日市20:43/高麗川20:55(土日祝/現行)

東京23:30→大月1:10(現行)

東京23:50→青梅1:14(平日/現行)

東京23:52→青梅1:14(土日祝/現行)

東京0:15→新宿0:30→八王子1:14→高尾1:22(現行)

東京0:35→新宿0:50→中野0:55→荻窪1:00(土休日0:59)→武蔵小金井1:14(現行)

19時台の五日市線・八高線直通電車には恐らく影響はない。単純な30分繰り上げでは、大月行きが23時ちょうどに、青梅行が23時20分ごろに、高尾行が23時45分、武蔵小金井行が0時5分ごろになると思われる。

東京駅→新宿駅→荻窪駅は東京メトロ丸ノ内線が競合しており、対新宿駅は東京0時20分発(休日0時12分発)→新宿0時39分着(休日0時30分着)。対荻窪駅は東京0時3分発(休日23時56分発)→荻窪0時36分着(休日0時29分着)なので、終電繰り上げ後は丸ノ内線のほうが遅い。また東京駅に近い大手町駅0時25分発(休日0時11分発)の東京メトロ東西線で、中野駅着は0時45分着(休日0時31分着)なので、繰り上げ後は東西線のほうが遅くなる。

新宿駅からは京王線が競合する。新宿0時34分発→京王八王子1時11分着、新宿0時21分発→高尾1時11分着なので、終電繰り上げ後は京王線のほうが遅くなる。

■京葉線

東京21:06→上総一ノ宮22:32(平日/現行)

東京21:11→上総一ノ宮22:32(土休日/現行)

東京22:01→特急わかしお23号→上総一ノ宮23:01→勝浦23:26

東京21:32→君津23:05(平日/現行)

東京21:36→君津23:05(土休日/現行)

東京22:20→君津23:49(土休日/現行)

東京0:35→蘇我1:23(現行)

上記は直通列車の時刻だ。乗り換えを含む最終電車は、上総一ノ宮行が東京22時42分発(蘇我乗り換え、0時14分着)、君津行が東京23時8分発(千葉乗り換え、0時34分着)である。直通列車の最終時刻は早いため、恐らく変更はされないのではないかと思われる。蘇我行の最終は、東京発0時5分発(蘇我着0時53分)ごろに繰り上げられるものと思われる。

■総武線快速

東京21:06→上総一ノ宮22:32(現行)

東京21:36→君津23:05(現行)

東京22:15→成田空港23:37(平日/現行)

東京22:16→成田空港23:37(土休日/現行)

東京22:54→佐倉23:57(現行)

東京0:01→千葉0:43(現行)

上総一ノ宮と君津については京葉線参照。成田空港行きは、現行の最終時刻が早いので、繰り上げられないと思われる。佐倉は、現行での乗り換えありの最終電車が東京23時25分発(千葉乗り換え、0時23分着)のため、恐らく変更がないと思われる。千葉行きも目安となる「午前1時を超えた時刻」ではないので、変更されない可能性が高い。

実際にはどうなる?

いかがだっただろうか。始発電車の繰り下げについては、実行された場合でも終電ほどの影響は考えにくいことから、今回は触れなかった。

JR東日本は終電を繰り上げるにしても、一律に30分ではなく、他線のダイヤを見据えて、最大限利便性に考慮するだろうから、上記の通りにはならないだろう。現実にどうなるのか、心配しつつも心穏やかに10月を待つことにしたい。

無断転載・複製を禁じます
1480405 0 東洋経済オンライン 2020/09/24 09:53:27 2020/09/24 09:53:27

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ