読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

御殿場~浜松「120km/h化」で新東名はどうなる

東洋経済オンライン
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新東名の「制限速度120km化」が本格的に始まる(写真:msks / PIXTA)

2020年11月下旬、NEXCO中日本は、新東名高速道路で進められていた「御殿場ジャンクション(JCT)」と「浜松いなさJCT」間のおよそ145kmの6車線化工事が12月22日に完成すると発表。それに合わせて静岡県警では、この区間の最高速度規制を時速120kmに引き上げることを発表した。

日本の高速道路の最高速度の上限は、多くの区間で長らく時速100kmにとどめられていたが、2017年から新東名と東北道の一部で時速110kmへ引き上げる試行が行われ、2019年からは、同じ区間でさらに10km引き上げられて時速120kmでの試行が続いていた。

その結果、下表のように試行前後で実勢速度はほとんど変わっておらず、事故も増えていないことなどから、安全性が確認されたとして、新東名の静岡県区間がほぼ6車線化されたのに合わせて、このたびの引き上げにGOサインが出されることになった。

警視庁交通局高速道路管理室、報道資料より

120km化は歓迎だが懸念も…

新東名は、もともと時速120kmで走行できるよう設計されており、ようやく一定区間とはいえ、設計通りの速度で走れることになる。

東京都内の自宅から故郷の愛知県へマイカーで走る機会が多い筆者にとっても、これまでは4車線区間と6車線区間が混在し、せっかくの道路が宝の持ち腐れのように感じることがしばしばだったので、今回の発表はこれまでより快適に走れるようになるだろうという期待で、率直に喜ばしいニュースに感じられた。

というのも筆者は海外、とくにヨーロッパ諸国でクルマを運転した経験が多く、そこでは高速道路の最高速度が時速120~130kmほどの国がほとんどだったからだ。その快適さに慣れてしまっていたため、新東名でも試行区間以外は時速100kmに抑えられていたことが、歯がゆく感じていた。

ポルトガルからスペインへの国境付近を走る高速道路。スペインでのスピード制限が表示してある。両国とも高速道路では普通車は120km制限(筆者撮影)

とはいえ、大型車についてはこれまで通り最高速度は時速80kmのままであり、左側レーンの走行帯指定も維持されたため、同じ道路で最高速度が40kmも異なる車種が混在することになる。

また、欧州では追い越し車線はその名の通り、あくまで“追い越しをするときにのみ”走る車線で、追い越しを終えればすぐに走行車線に戻るという当然のルールがおおむね徹底されているのに対し、日本では延々と追い越し車線を比較的ゆっくり走るクルマも目につく。

このようにスムーズな走行を妨げるような走行をするクルマが見られるため、制限の引き上げに合わせてあらためてドライバーにこうした基本を再徹底することが求められる。

新東名全体で考えると、愛知県側ではまだ4車線区間が残り、当分の間、最高速度は法定速度である時速100kmから変わらない。さらに、新東名の東京側の終点は、現時点では海老名市となっている。

2023年度に予定されている御殿場JCTから「海老名南JCT」までの工事が終了し、全線が開業しても、その後は東名で一番の渋滞区間に突入してしまい、現在緩和のための工事が行われているとはいえ、根本的な解決には至らなさそうだ。

つまり、制限速度の引き上げは快適な走行につながるかもしれないが、走行速度が実質的にあまり変わらなければ所要時間の大幅な短縮にはならないし、現時点では御殿場より東の恒常的な渋滞は残るうえ、全線開業時にも海老名以東の渋滞が解消される特効薬はなく、『快適な新東名(と東名)』への見通しは明るくない、ということになってしまう。

高速道路は社会に何をもたらすのか?

実は、120km引き上げへの本格施行は、新東名に先立って今年9月から東北道の「花巻南IC」~「盛岡南IC」のおよそ27kmの区間で始まっていた。

東北道の最高速度120km区間(写真:yamahide / PIXTA)

岩手県警では、速度制限引き上げ後の通行車両の実勢速度を計測しているが、昨年までの試行時と同様、時速100kmのときと時速120kmのときで、ほとんど変わっていないという結果が出ている。

逆にいえば、時速100km制限でも、それを少し上回る速度で走っていたクルマが少なくなかったということであるし、時速120kmに引き上げたとはいえ、速度を無理に上げようとするクルマがあまり見られなかったということでもある。

それでもこれまでは時速100kmのところで少し上回るスピードで走るのは、心理的に負担な面もあったが、制限速度が引き上げられればそれも解消し、ストレスが軽減されそうだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

クルマの未来は、「より速く走る」方向ではなく、脱石油を目指す環境志向と、自動運転に代表される安全志向、快適志向へと向かっている。もちろん制限速度の引き上げは、今後本格化が見込まれる大型トラックの無人隊列走行などにはプラスかもしれないが、こうした社会の目指す方向に、高速道路がどう貢献するかという視点を持って、考えていかなければならないのかもしれない。

なお、高速道路の制限速度の引き上げは、新東名・東北道(岩手県の一部区間)のほか、東北道の「浦和IC」~「佐野スマートIC」の約53km、常磐道の「柏IC」~「水戸IC」の約71km、東関東道の「千葉北IC」~「成田JCT」の約26kmの計5区間でも実施される予定だ。

無断転載・複製を禁じます
1698406 0 東洋経済オンライン 2020/12/17 09:34:17 2020/12/17 09:34:18 2020/12/17 09:34:18

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)