読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

43歳で警察官から格闘家になった”怪物”の現在

東洋経済オンライン
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

関根“シュレック”秀樹さんの人生とは?(写真:関根さん提供)

映画『シュレック』をご存じだろうか。見た目は恐ろしいが、心優しい怪物・シュレックが主人公の物語である。

その怪物の名を掲げ、格闘家・プロレスラーとして活躍する人物がいる。関根“シュレック”秀樹さんだ。

身長174センチ・体重113キロの肉体、ぎょろりとした眼差し、もじゃもじゃの髪の毛……まさにシュレックさながらのド迫力である。そんな彼は、警察官として20年以上働き、43歳にして格闘家へ転向した。47歳の今も現役である。安定したキャリアを捨て、無謀にも思える選択をした理由は何だったのか。

いじめっ子たちをやっつけたくて

この連載の一覧はこちら

関根さんは1973年、静岡県磐田市で生まれた。家から少し足を延ばせば山や川があり、自然のなかで遊ぶのが日課だった。

4歳のとき、川遊びに行った帰りに交通事故にあい、右足がちぎれかけるほどの重傷を負う。手術で何とかつながったものの、足はどす黒く変色。思いどおりに動かすこともできず、引きずって歩くように。小学校に入ると、上級生から「気持ち悪い」と足を蹴られるなどのいじめを受け、負けん気の強かった関根さんは柔道場の門をたたいた。

「いじめっ子たちをやっつけようと思って、小2のときに柔道を始めたんです。わりとすぐに強くなりましたね。もともと運動神経がよかったのもあったけど、あいつらを絶対に倒す、っていう目的があったからだと思います。何となく習いに来ている子どもたちとは気構えが違いました」

たちまち頭角を現した関根さん。いじめっ子を退けるどころか、数々の大会で優勝をさらうように。中学・高校でも柔道に打ち込んだ後、柔道の名門である山梨学院大学に進み、「肉体の限界を超えた苦痛」と振り返るほど、厳しい練習漬けの日々を送る。道場では、立っている時間より、空中を舞うか、畳にねじ伏せられているほうが長いこともあった。

一方で、柔道部の同級生に熱狂的なプロレスファンがおり、その影響で関根さんもプロレスにハマっていった。数あるプロレス団体のなかで、関根さんをとくに魅了したのがUWFインターナショナルだ。エンタメ要素を排除した、緊張感のある真剣勝負に胸を躍らせた。大学卒業後は同団体に入門することを熱望したが、父親は猛反対し、警察官になるよう説得された。

「僕の家族や親戚は、固い職業の人が多いんです。だから、遊んでばかりいる自分を心配して、父は安定した仕事に就かせようとしたのでしょうね。本当は嫌だったのですが、おばあちゃんに『試験だけでも受けて』と頼まれて、断れずに受けたら合格してしまって。次は『嫌だったら辞めていいから』と言われて、仕方なく警察に入ったわけです(苦笑)」

警察官になって大きな使命感を感じていた関根さん(写真:関根さん提供)

だが地元・静岡に戻って警察官になると、地域の子どもやお年寄りを守りたい、という使命感がわいてきた。このころはすでに体が大きく、迫力も十分だった。街中で喧嘩が起き、通報を受けて駆け付けると、荒ぶっていた人もたちまちおとなしくなったという。

その後、機動隊を経て刑事課へ。暴力団関連の事案を担当する、いわゆるマル暴に配属された。相手が暴力団員でも、関根さんは一目置かれる存在だった。ある被疑者は、取り調べ担当が関根さんだと知ると、「あの怖い人か……」と肩を落としていたという。一方で、その人柄がスムーズな犯人逮捕につながったこともある。

指名手配中の暴力団員の男が、とある場所に潜伏しているとの情報が入った。そこへ関根さんや刑事たちが突入した。男は刃物を所持しており、警察官が来たら刺そうと構えていたが、関根さんの姿を見た瞬間に観念したという。

表彰を受けるほど警察官として順調にキャリアを積んでいた(写真:関根さん提供)

「僕が前に留置場の看守をしていたとき、当時14歳だった彼が入ってきたんです。さみしそうな顔をしているなと思って、夜どおし話を聞いて。後に彼は暴力団員になったのですが、そんな経緯があったから、僕を見て『関根さんに迷惑をかけられない』と抵抗を諦めたそうです。『暴れても関根さんには絶対勝てないから』とも言っていたけど(笑)」

まさにシュレックのように、強さも優しさも兼ね備えていることがうかがえるエピソードである。

感銘を受けたブラジル人の自由な感覚

刑事として順調にキャリアを築いていた関根さんに、転機が訪れた。それが、外国人犯罪の事案を手がける国際捜査課への異動だった。当時、関根さんが勤務していた浜松では、ブラジル人による犯罪が頻発していた。そこで、ブラジル人に関する情報収集を目的に、ブラジリアン柔術の道場に入門した。

ここでも関根さんの才能が開花する。柔術を始めてわずか4カ月にして、アジア大会で優勝。その後も数々の大会を制するなど、たちまちトップ柔術家に上り詰めた。一方で、道場のブラジル人たちとの仲も深まっていった。とにかく自由なブラジル人の感覚に、最初は振り回されることが多かったが、徐々に感銘を受けるようになる。

柔術を始めて4カ月でアジア大会で優勝(写真:関根さん提供)

「ブラジル人は時間にルーズで、約束も守らない人が多いんです。イライラすることもありましたが、よく知るにつれて、すごく奔放でおもしろい人たちだと思うようになりました。ブラジル人は世の中の流れに順応して、つねに新しい価値観で生きているんです。その基本にあるのは、人生を楽しむということ。僕は父親の古い考えや頑固な性格が嫌いでしたが、ブラジル人たちと比べると、自分もそうだったと気づかされましたね」

ちなみにシュレックというニックネームは、最初に道場を訪れた瞬間、ブラジル人の柔術インストラクターに、「シュレックだ!」と言われたことが由来だ。関根さん自身も、「確かに似ているかも」と、名乗るようになったのだった。

格闘家として歩み始めた関根さん(写真:関根さん提供)

そして37歳のとき、さらに大きな転機が訪れる。現職の警察官でありながら、格闘家としてデビューしたのだ。地元で開催されている格闘技の大会を観て、「自分もいけるのでは」と思った関根さん。偶然にも、大会の主催者は旧知の先輩であり、自分も出たいと頼んだところ、実現したのだった。実は昔から、格闘家へのあこがれがあったと、関根さんは振り返る。

「UWFインターの創設者である高田延彦さんと、(柔術家の)ヒクソン・グレイシーの試合から、(かつて存在した総合格闘技イベント)PRIDEが始まったんです。UWFが好きだった自分は、夢中になって観ていましたね。そのころから、プロレスラーとしても、格闘家としてもリングに立ってみたい、という思いがずっと心のなかにありました」

デビュー戦で見事に勝利を飾った関根さん。警察官をするかたわら、継続して格闘技の大会に出場し、7連勝と快進撃を続けていった。

43歳でやってきた「最大のチャンス」

43歳のときに、最大のチャンスが訪れる。世界有数の格闘技団体であるONEチャンピオンシップから、タイトルマッチのオファーがきたのだ。願ってもない展開だが、試合が開催されるのは海外で、準備期間を含めると1週間は拘束される。十分な練習時間を確保するためにも、警察官のままでは難しい。

すっかりプロレスラーの風格だ(写真:関根さん提供)

悩んだ関根さんは、警察官を辞めることを決断した。もう数カ月在籍すれば、年金が満額もらえるタイミングだったが、自分の年齢や残りの選手生命を考えると、その時間すら惜しいと思ったからだ。当然、上司や同僚からは引きとめられ、妻にも驚かれたが、気持ちは変わらなかった。決断に踏み切れたのは、ブラジル人の生き方や、前出の先輩の死が大きかったという。

「ブラジル人には、『やりたいことをやらない人生なんて意味がない』ってマインドがあるんです。その生き方に背中を押されましたね。あと、僕が格闘家デビューしたイベントを主催していた先輩が、白血病で急死したこともきっかけです。人はいつ死ぬかわからない、であれば我慢せずにやりたいことをやろう、と決めたんです」

鍛え上げられた関根さんの背中(写真:関根さん提供)

何より大きな後押しは、警察官として接してきた若者たちの存在だ。パトロールをしながら、生きづらさを抱えて非行に走る少年・少女たちに、関根さんは「学校や勉強が嫌いでも、やりたいことがあれば一生懸命やりなさい。諦めたり恥ずかしがったりせず挑戦しなさい」とよく伝えていた。

それなのに、自分自身が公務員の安定性にしがみつき、格闘家への夢を諦めてしまうようでは格好悪い。生きざまを通じて、若者たちに挑戦する姿を見せたかったのだ。

そしてタイトルマッチの大舞台へ。対戦相手は、世界最高峰の格闘技団体UFCにも出場している強豪。結果はKO負けだったが、関根さんは晴れやかで前向きだ。

今度は生き様を通じて人を笑顔にしたい

「このままでは終われないですね。またリングに上がって、結果を残していきたいです。でもそれより、負けても諦めずに立ち上がり、ズルをせず正しく生きて、挑戦していく姿をみんなに見せたい。警察官は、国民の笑顔を守るのが仕事ですが、今度は生き様を通じてみんなを笑顔にしていきたいです」

現在は格闘家だけでなく、プロレスラーとしても活躍する関根さん。一歩踏み出したことで、昔からの夢を手に入れたのだ。昨年はコロナウイルスの影響で、試合が軒並み中止になったが、「これも人生のイベント。体を休められたしちょうどいい」と笑い飛ばす。2月21日には久々の試合も予定している。

逆境などもろともせず、関根さんは人生を楽しみ、これからも挑戦し続けていく。その物語は、本家『シュレック』のように、人々に笑顔や勇気を届けていくのだろう。

無断転載・複製を禁じます
1814273 0 東洋経済オンライン 2021/02/04 08:24:49 2021/02/18 21:05:03

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)