読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「成田発成田着」遊覧チャーター飛行が人気の訳

東洋経済オンライン
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

2020年12月12日の「アーリークリスマス」フライトで、離陸直前の機材を見送るANAスタッフ(記者撮影)

航空需要が急減したコロナ禍。国際便の運休や欠航が目立つ成田国際空港で、一風変わった「成田発成田着」の遊覧飛行チャーター便が人気を集めている。

国内最大手の全日本空輸(ANA)は2020年夏以降、ウミガメの塗装を施したエアバスA380型機を用い、遊覧飛行を5回以上実施した。抽選倍率は初回が約150倍、2回目も約110倍。

業界2位の日本航空(JAL)が2020年9月に実施した遊覧飛行も、電話申込み分チケットが1時間で完売する人気ぶりだ。

飛ばない飛行機は費用がかさむ

コロナ前だと、遊覧チャーターは初日の出に開催される程度だった。それがコロナ禍で実施される背景には、稼働率の下がった航空機を維持・整備の観点から定期的に飛ばさざるをえない事情がある。

成田空港には旅客を運ぶ機会の減った機材がずらりと並ぶ(記者撮影)

航空機は、飛行しない期間が長期化すると、定期的に飛行させている時以上に維持・整備の費用がかさむ。それを防ぐため、航空会社は乗客なしでも飛行機を飛ばす「フェリーフライト」の実施を余儀なくされていた。

ANAは国際線専用のA380でフェリーフライトを実施。これを知った利用者から、「遊覧飛行のように旅客も搭乗できないのか」という問い合わせがあったという。

チャーター便など国内旅行の企画を担当するANAセールスの旅行事業本部・朝長良之副本部長は「初日の出の遊覧飛行は実施していたが、通常期に遊覧飛行を旅として受け入れてもらえるのか不安だった」と振り返る。

「羽田や成田に行くと、多くの機材が駐機し、非常にショッキングな光景。飛行機の役割は空を飛ぶことなので、なるべく飛ばしたい」(朝長氏)。企画実現に必要な空港運営の部門に声をかけ、少しでも収入を積み増したいANA本体も巻き込んで企画を進めた。

JALの抱える事情も同様だ。同社路線事業戦略部企画グループの丹羽由紀子氏は「機材がいっぱい止まっている光景を目の前で見ている空港スタッフらから、(余った)機材で何かできないかとアイデアが出た」と語る。

気になるのは、出発地に戻る遊覧飛行にニーズがはたしてあるのかだ。成田空港を飛び立ち、そのまま引き返すのは、航空サービスが提供する「移動」という最大の価値を提供できない。

遊覧飛行の料金もけっして安いとは言えない。例えば、2020年12月にJALが実施した遊覧飛行の料金は、最も安くて1人当たり1万9000円。これは、LCC(低コスト航空会社)であれば、成田ー那覇間などを往復できる金額だ。

ANAの遊覧飛行に至っては、最も安くて1人当たり3万3000円。ファーストクラスだと10万円になり、約2~3時間にわたって空の遊覧を楽しめるとはいえ、LCCを利用すればアジアの都市を往復できる料金だ。

遊覧飛行ならではの体験価値

それでも発売即完売の人気を集める理由が、海外旅行でしか味わえない体験の提供だ。例えばANAのA380はハワイ線のみに投入されており、こうした機会でないと同機に搭乗するチャンスはない。ウミガメの装飾も、ファミリー層を中心に支持されている。

JALのシンガポール旅行風チャーターで提供された機内食(写真:日本航空)

JALの場合、A380のような特殊な機材ではないが、2020年11月には「シンガポール旅行気分」をテーマにした遊覧飛行を開催。搭乗ゲートの前に同国の観光名物「マーライオン」のモニュメントが設置され、機内食も同国で親しまれる「ハイナンチキンライス」を提供し、海外旅行気分を味わうことができた。

2020年12月にJALのシンガポール旅行風チャーターに参加した茨城県の20代女性は、「大学の卒業旅行シーズンだったので、国内旅行ではなく、海外気分が味わいたかった。搭乗前のイベントも充実していて、1万9000円のプランなら今後も参加したい」と語る。神奈川県の20代女性も「固まった休みをとれない仕事で、海外旅行に行けなかった。こういう企画を待っていた」と話すなど、評判は上々だ。

加えて、都市間を移動しないことがむしろ、コロナ禍で支持を集めた。ANAセールスの朝長氏は、「成田から出て成田に帰るなら、到着先の地域にコロナ感染のストレスをかける心配もない」と分析する。

ANAは映画「スター・ウォーズ」をテーマにした特別塗装機も抱える(記者撮影)

ANAは3月に2回、A380を用いた遊覧飛行を実施することを決め、A380以外の機材を活用するチャンスも模索している。ANAセールスの高橋誠一社長は「ふだんは乗らないプロペラ機や、映画『スター・ウォーズ』仕様の特別塗装機などの企画を求める声を顧客から聞いている。いろんな可能性があると思う」と意気込む。

90%以上が「また参加したい」

JALでは遊覧飛行を企画するプロジェクトチームが社内に立ち上がった。ほぼすべての企画で90%以上の利用者が「また参加したい」とアンケートに回答していることもあり、次回のテーマを検討中だ。

JALの丹羽氏は「(コロナ前に)チャーターをやろうとした際は、機材や乗員が押さえられず、逆に実現できなかったことが何回もある。失敗を恐れずやっていきたい」と話す。

緊急事態宣言の全国解除が延期されるなど、コロナ禍の収束時期は今のところ見通せない。遊覧飛行はイベントリスクに弱い航空サービス以外のビジネスチャンスを探るうえで欠かせない試み。2社は今後も遊覧飛行を継続していく方針だが、発想の斬新さが試されそうだ。

無断転載・複製を禁じます
1861492 0 東洋経済オンライン 2021/02/25 09:37:02 2021/02/26 16:05:05 2021/02/26 16:05:05

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)