読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

松山効果だけじゃない、ゴルフ「大活況」のわけ

東洋経済オンライン
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

中古ゴルフ用品販売の「ゴルフパートナー」はコロナ禍で売り上げを大きく伸ばしている(記者撮影)

「スリクソンは普段の売れ行きがそこまでよくないブランドですけれど、『松山効果』がすごくて1日に何件も問い合わせが来ていますよ」

松山英樹選手がマスターズ・トーナメントで優勝してから数日経った4月中旬の昼下がり。東京都心にあるゴルフ用品店の店員の表情は明るかった。

平日なので仕事の合間に立ち寄ったのだろうか。スーツ姿の男性が、松山選手の使った住友ゴム工業の「スリクソン」のドライバーを熱心に眺めていた。

「3密」回避でゴルファーが急増

松山効果も相まってゴルフブームが復活しつつある。若者などの新規参入者が減り、近年のゴルフ市場は縮小傾向が顕著だった。

5年ごとに行われている総務省の社会生活基本調査によると、練習場を含む国内のゴルフ参加人口は、最盛期の1991年には1784万人を数えていたが2016年には890万人まで激減した。

ところが、コロナ禍で3密を回避しながら運動不足を解消できるレジャーとしてゴルフを楽しむ人が急増。新品ゴルフ用品販売の「ゴルフ5」や中古ゴルフ用品販売の「ゴルフパートナー」などでは、2020年夏以降の既存店売上高が前年同期と比べ、1~2割増加している。

特徴的なのが若年層の参入だ。中古ゴルフ用品販売の「ゴルフ・ドゥ」では、2020年6~8月における直営店の新規会員のうち、30歳未満の入会比率が前年同期比で5.5ポイント増加。この傾向はその後も続いているという。

こうした活況ぶりに、業界関係者は一様に驚嘆の声をあげる。「数年前から業界を挙げて初心者や若者ゴルファーを増やす活動をしたが、何も響かなかったのに一変した。急に市場が伸びて、すごいことになった」(ゴルフ5を運営するアルペンの坪井勧之介ゴルフ商品部部長)。

ゴルフブームは日本だけにとどまらない。ゴルフ用品メーカー「ピンゴルフジャパン」によると、世界一のゴルフ大国であるアメリカでは、2021年1~2月のゴルフ用品市場が前年同期比で7割増と急拡大している。

市場が活気づく反面、ゴルフ用品の販売現場で起きているのが品不足だ。ゴルフ用品メーカー「キャロウェイゴルフ」の菅野泰臣ブランドコミュニケーションズディレクターは、「実売は好調で追加注文ももらっているが、量販店からの受注に100%は回答できていない」と話す。

需要急増で生産体制が逼迫

これは「うれしい悲鳴」ではない。新商品の発売遅延も発生しているからだ。同社が「オデッセイ」ブランドで3月に発売したパターは、予定より発売日を1~2週間遅らせざるをえなかった。

いったい何が起きているのか。原因としてまず挙げられるのがゴルフクラブの生産体制の逼迫だ。

ゴルフクラブは、ボールを当てるヘッド、柄となるシャフト、クラブを持つ部分のグリップから成り立つ。これらのパーツは中国をはじめ、海外にあるOEM工場で製造されることが多いが、その生産が追いついていないのだ。

中でもグリップの生産が逼迫している。これまではゴルフ市場の成長性が低かったうえに、アメリカのゴルフプライドとラムキンがグリップの世界シェアを二分していたため、各社の増産意欲は低かった。急激な需要増に対応できるほどの生産余力はそもそもなかった。

しかも台湾とタイに工場を持つゴルフプライドは、2020年春の時点で工場労働者の一部解雇や生産停止措置を取り、在庫を調整していた。グリップは金型でゴムを押し出すなどして作られるため、生産能力は機械に一定程度依存する。注文が急増しても、大幅な増産は難しい。

グリップだけでなく、業界内ではシャフトの生産遅れも指摘されるようになってきている。ゴルフクラブの供給は改善するどころか、ますます悪化しそうだ。

もう1つ、ゴルフ用品の供給遅れに影響しているのが、船便の逼迫を原因とする輸送の遅延だ。

ピンゴルフジャパンでは、中国などにある工場が部品を製造し、日本に出荷している。通常なら日本に数日で到着するが、現在は普段と比べて1~2週間ほど遅れているという。「日本に届きはするものの到着予定が読めない」(ピンゴルフジャパンの岡田健二副社長)状況だ。

コロナで荷役作業が追いつかない

中国の輸出を中心に、2020年の初夏以降、世界貿易は急速に回復しつつある。一方、アメリカでは港湾作業員のコロナ感染拡大などで、貨物量の増加に荷役作業が追いついていない。日本郵船傘下の郵船ロジスティクスによると、「ロサンゼルス港とロングビーチ港では混雑でコンテナ船が港に入れず、2020年末から10~30隻の沖待ちが発生している」。

これら荷動き急増と荷役効率の悪化で、世界的なコンテナ不足が起きた。その結果、「深圳など中国南部発着の便では運賃の高い欧米向けにコンテナを取られている」。国際輸送の手配を手掛けるエイペックスインターナショナルの深山浩志取締役はそう指摘する。

もちろん、中国南部に多くの工場があるゴルフ用品メーカーも影響を受けた。

契約によって差はあるものの、ある会社では中国から日本への船便の運賃がコロナ前と比べ40倍近くに上昇。ほかのメーカーでもコロナ前と比べて3~5倍程度に上昇している。航空便で輸送量を増やそうにも船便より割高なうえ、航空便の運賃も上昇基調にある。あるメーカーは通常の3~10倍に航空便の運賃が上昇していると明かす。

では、ゴルフクラブの逼迫はいつまで続くのか。

「3月末に発注した商品は2022年1月に到着予定だと言われた。この状況は2021年内は続く」

ゴルフプライドの輸入代理店である日本フェィウィックの里見孝人ゴルフ営業部部長は、こうした状況の長期化を覚悟する。アメリカにあるゴルフプライドの運営会社に商品を注文すると、以前であれば日本への到着に要する期間は約3カ月だったが、それが大幅に延びた。「2020年12月ごろから、『こんなの見たことがない』と思うくらい倉庫には在庫がない」という。

秋にかけてゴルフ用品はますます逼迫

ゴルフ用品の需要も強いまま推移しそうだ。ゴルフ用品メーカー「タイトリスト」の池田智満ゴルフクラブ事業本部部長は、「世界的に続いている今のゴルフニーズからいくと、(強い需要が)しばらく続く」と見込む。

新品ゴルフ用品販売の「ゴルフ5」の店頭には、新商品のポスターが飾られている(記者撮影)

「とにかく日本に商品が入ってこないので、秋にかけて一層逼迫度が強まる」と予想するのは、ゴルフパートナーの川﨑康史・営業推進本部本部長。新品の供給が思うように増やせない一方で、中古ゴルフ用品販売トップ企業として期待するのが、中古品市場の活性化だ。川﨑氏は「中古品はいま、過去10年間で1番売れているが、今後は新品市場よりも活況を呈する」と期待を込める。

ゴルフ市場で続く混乱はしばらく続きそうだが、各社は突然訪れたブームの恩恵を刈り取ろうと必死になっている。

無断転載・複製を禁じます
2038498 0 東洋経済オンライン 2021/05/13 09:17:55 2021/05/13 09:17:55 2021/05/13 09:17:55

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)