読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日本の政治史に名を刻む東海道線の小駅「興津」

東洋経済オンライン
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

明治から昭和戦前期までは政治の地として多くの政治家・役人が利用した興津駅(筆者撮影)

「最後の元老」西園寺公望は晩年、静岡県の興津に別邸を構えた。坐漁荘(ざぎょそう)と命名された西園寺別邸は1920年に竣工。以降、西園寺が没する1940年までの20年間にわたり、坐漁荘が所在する興津は政治的に重要な地とされた。昨年2020年は坐漁荘が竣工して100年、西園寺没後80年という節目でもあった。

興津は明治以降に大物政治家たちが次々と別邸を構えた。江戸時代まで静かな宿場町・漁村でしかなかった興津を別荘地へと変貌させたのが、ほかならぬ東海道本線という鉄道の開通だった。

鉄道が広めた「政治家の別邸」ブーム

日本初の鉄道は、1872年に新橋(後の汐留)駅―横浜(現・桜木町)駅間で開通した。その後、1887年に国府津駅まで延伸。1889年には国府津駅―静岡駅間が開通する。国府津駅から静岡駅まで、線路建設には苦難を要した。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

興津付近は旧来難所とされ、山と海とが迫るため、線路は狭い平地に敷設するしかない。そこに線路を敷設すれば、古刹である清見寺の境内を分断することになる。寺に理解を得られるとは考えにくかったが、鉄道は地域の発展に寄与するという考えから、当の清見寺が用地を献納。そのため、現在も東海道本線の列車が山門と境内の間を疾走していく。

静岡駅まで線路が通じたのと同時に興津駅も開設された。清見寺が土地を献納したことによる見返りといえるが、駅の開設により新政府では離宮や御用邸を興津に造営することも検討された。結局のところ離宮や御用邸は実現しなかったが、地元住民は「東海鉄道の賜」といって喜んだという。

鉄道が東京側から少しずつ西進していく過程で、明治新政府の首脳たちの間には、東京から離れた地に別邸を構えるスタイルが広まっていた。東京の喧騒から離れた地で、じっくりと政治的課題に取り組む。政治家たちは別邸にそうした機能を求めたが、だからと言って離れすぎているとアクセス面で都合が悪い。そうした事情から、当初は東京・品川、そして鉄道が延伸していくにしたがって神奈川県の大磯などが人気を高めていく。

初代内閣総理大臣に就任する伊藤博文は、小田原に滄浪閣(そうろうかく)という別邸を所有していた。長州出身の伊藤は何度も列車で東海道本線を行き来しているうちに大磯を気に入る。1896年には小田原を引き払い、大磯へと別邸を移した。

当時の東海道本線は国府津駅から山北駅・沼津駅を経由するルートだった。つまり現在の御殿場線に該当し、小田原や熱海は通らない。小田原や熱海へ足を運ぶには、国府津駅から馬車鉄道に乗り換える必要があった。さらに横浜駅では方向転換のためにスイッチバックをする構造になっていた。1898年にスイッチバックが解消されるまで、東京から横浜駅以西への鉄道移動は時間を要した。人里離れた別荘地で思索に耽ることを求めながらも、伊藤が東京に近くなる大磯へと別邸を移したのは、そんな面倒を忌避したいという意図があったからかもしれない。

山と海と近く線路を敷設する空間的な余裕がないので、東海道本線の列車は清見寺の山門と境内を分断するように走る(筆者撮影)

しかし、全体的な潮流としては線路が西へ西へと延びるにしたがい、政治家たちの別邸も西へと移っている。別邸が東京から離れるほど不便になるが、遠くても別邸の主が政界に隠然たる力を持ちうれば、訪問者は足を運ばざるをえない。逆説的に言えば、東京と別邸の距離が離れれば離れるほど、実力者とみなすことができる。とはいえ、遠く離れるにも限界があった。その西限が興津だった。

前述した清見寺は明治天皇の御巡幸休息所として使用されたことから、皇太子時代の大正天皇も海水浴で興津を訪れる際に滞在した。大正天皇のお気に入りだったこともあり、興津は夏季には海水浴や避暑地としてにぎわう。また、温暖な気候でもあったため、冬季も避寒地として人気を得ていく。

「別荘地化」の一番乗りは井上馨

とはいえ、当初はまだ別荘地ではなく、江戸時代からつづく宿場町という趣だった。政府要人の三条実美は水口家に、伊藤博文は海水楼を定宿とするなど、老舗旅館に宿泊するぐらいで別邸を所有するまでには至らなかった。

興津が別荘地として注目されるようになるのは、新橋駅―神戸駅間の線路がつながった1889年以降からだ。鉄道の便が向上したことで、トップバッターとして元老の井上馨が別邸を構えた。井上は群馬県の磯部温泉へと足繁く通い、磯部温泉に別邸も所有していた。海水楼に宿泊したことで興津を気に入り、1896年には東京の本邸と磯部の別邸の一部を興津へと移築。別邸を長者荘と名付けて、夏・冬ともに興津で過ごすようになる。

井上が長者荘を構えた1896年は、伊藤博文・山県有朋をはじめ明治新政府の功績者が数多く存命していた。そうしたこともあり、興津の井上はそれほど重要視されていなかった。しかし、伊藤が死去した頃から井上の存在感は高まり、自然と興津が重要な地になっていく。

政治家や官僚たちは政策課題を相談するべく、東海道本線の汽車に乗って長者荘を頻繁に訪問するようになる。そのため、井上の存命中は興津駅に急行列車が停車するダイヤが組まれることもあった。また、長者荘は東海道本線の線路沿いに立地していることもあり、行啓や園遊会といった際には臨時停車場も設けられた。井上は長者荘で没したが、葬儀の際も弔問客の便を図るべく長者荘の敷地に臨時停車場が設置されている。

そして、東海道本線が全通した1889年は、興津にとっても節目の年になった。周辺の町村と合併し、新たに興津町が誕生。その10年後の1899年には清水港が開港する。この開港は、興津の産業にも大きな影響を与える出来事だった。

興津の周辺は言うまでもなくお茶の産地で、明治期は政府が外貨獲得政策としてお茶生産を奨励。静岡で生産されていたお茶は、それまで横浜港まで運ばれた後に輸出されていた。横浜港まで運搬する手間や中間マージンを取られるといった不利から、静岡の製茶業者は清水港からの直輸出を希望していた。清水港の開港は長年にわたる静岡の悲願であり、それが達成されたことで興津も経済的な恩恵を受けることになった。

渋沢栄一も立ち寄った?

今年の大河ドラマ「青天を衝け」の主人公・渋沢栄一は、短い期間ながら明治新政府に出仕して汗を流した。渋沢の直属の上司が井上で、官職を辞した後も渋沢と井上の仲はつづく。渋沢の旧主である徳川慶喜は、明治新政府発足後に静岡で生活を送っていた。渋沢は慶喜に会うため列車で静岡へ行くこともあった。その際、興津駅で途中下車することも珍しくなかった。渋沢は長者荘に立ち寄り、井上と旧交を温めつつ政治や経済について意見交換をしていたと思われる。

長者荘の跡地は静岡市埋蔵文化財センターとなり、その一画に井上馨記念庭園が整備されている(筆者撮影)

長者荘は1945年の清水空襲で全焼した。そのため、当時を伝えるものは残っていない。現在、跡地は静岡市埋蔵文化財センターと井上馨記念庭園になっている。敷地内にあった井上馨像は戦時の金属供出で失われたが、1978年に近くの公園内につくり直されている。

井上につづいて、興津に別邸を構えたのは元福山藩主の阿部正桓だった。福山藩阿部家は、江戸に広大な屋敷地を有しており、明治維新後はそれらの屋敷地を活用して不動産経営を展開するなど旧大名家のなかでは不動産経営に長けた一族だった。

その後も川崎造船(現・川崎重工業)によって川崎財閥を立ち上げた川崎正蔵、森村組(現・森村商事)に勤めた後に日本碍子や大倉陶園などを立ち上げた大倉和親などの実業家たちが相次いで興津に別邸を構えていく。

興津に着目したのは実業家だけではない。伊藤博文没後に公爵家を継いだ博邦は、血縁的に井上の甥にあたる。そうした関係もあってか、博邦も興津駅の裏側に独楽荘という別邸を構えた。

博邦は公爵の襲爵と同時に貴族院議員へと自動的に就任することになるが、五爵のなかでは最高ランクの公爵という立場にありながら、政界で目立った活躍はなかった。それでも独楽荘の一画には侯爵の木戸幸一が間借りのような形で別邸を構えるなど、政界では一目置かれていたようだ。

また、別邸を構えてはいないが、日本銀行の創設で知られる松方正義も晩年は興津で生活を送った。松方の息子・幸次郎は川崎に乞われて川崎財閥を継ぐことになるが、興津の別邸は甥の芳太郎が受け継ぐ。しかし、川崎財閥と松方家の深い関係もあり、川崎別邸を間借りするように使用していた。

興津を「政治の地」にした西園寺公望

興津が政治の「奥の院」と化していく過程で井上の影響力は見過ごせないが、後世の学者から興津が政治の地と目されるようになったのは、西園寺公望によるところが大きい。

明治末期から伊藤の右腕として頭角を現した西園寺は、大正期には2度の首相就任という桂園時代を築く。松方が没してからは最後の元老として政界に隠然たる影響力を及ぼし、昭和の激動期にも存在感を発揮した。

西園寺は一時的ながら興津に滞在することがあり、その際は老舗旅館を利用していた。温暖な気候を気に入り、1919年に老舗旅館の一角を買い取って改築。翌年に坐漁荘が竣工している。

西園寺が別邸として使用した坐漁荘は老朽化のため、1968年に愛知県犬山市の明治村へと移築された。現在の建物は復元されたもの(筆者撮影)

最後の元老である西園寺は組閣のための首相推奏の任を一人で負っていた。そのため、政局の雲行きが怪しくなると、興津駅前の旅館や食堂に多くの新聞記者が詰めかけ、にわかに活況を呈した。実際、1924年に首相に就任した加藤高明は、組閣にあたって坐漁荘を訪れている。

西園寺は政府の最重要人物でもあるため、1932年と1936年に陸軍将校たちが起こした五・一五事件や二・二六事件で命を狙われる。以後、坐漁荘の警備体制は強化されることになり、警護詰所が設置されたほか坐漁荘の窓は鉄棒を仕込んだ窓格子に取り替えられた。

西園寺は興津住民と交流を持つことを嫌がらなかったが、喧騒を逃れることを目的に別邸を構えた経緯もあって、興津を振興させようという考えはなかった。

他方、長者荘を構えた井上は地域住民とも深く関わりを持った。井上は地元住民の興津を活性化させたいという気持ちを汲み、興津駅に急行列車を停車させるなどの強権的な措置を取っている。また、自邸の庭を開放して催事をすることも頻繁にあり、その際には料理を振る舞ったり、近所の少年たちと相撲を取ったりした。相撲で汗をかいた後は、少年たちに菓子を与えたりもしている。

井上は料理を趣味のひとつにし、自ら厨房に立つことも珍しくなかった。会席料理だけではなく、和菓子の研究にも熱心だった。地域住民に振る舞われた料理や菓子は、井上が自作した可能性もある。癇癪持ちだったこともあり、明治新政府の重鎮ながら官僚たちから忌避されることも多かった井上だが、興津住民からは愛されていたことを窺わせる。

静かな漁村へ、そして静岡都市圏へ

1934年に丹那トンネルが開通すると、東海道本線の所要時間が一気に短縮し、東京と興津の感覚的な距離は縮まった。しかし、西園寺没後の興津に別邸を構える政治家は現れず、興津から政治のイメージは急速に薄らいでいった。

埋め立てによって誕生した清水清見潟公園内には井上馨の像が新たに建立された(筆者撮影)

以降、興津は静かな漁村としての道を歩んだ。だが、高度経済成長期に清水港の拡張問題が持ち上がる。興津町民が一丸となって埋め立てに反対したものの、1960年には拡張整備工事が開始。翌年には袖師町や興津町が清水市に編入され、埋め立ては既定路線になった。埋め立てによって海水浴場は消失し、その代替として公園が整備された。坐漁荘も海沿いとは言いがたい立地になった。

1964年に東海道新幹線が開業したことも興津を大きく変えた。東海道本線を走る特急列車は大幅に削減され、東海道本線は東京―名古屋―大阪を結ぶ大動脈ながらもローカル線然とした雰囲気が漂うようになった。東海道新幹線を補完する役目を担っていた「東海」は急行、特急と列車種別を変更しながら生き残っていたものの2007年のダイヤ改正で廃止された。

一方、1984年のダイヤ改正では、静岡駅を軸に興津駅―島田駅間を走る「するがシャトル」が登場。10分間隔で運行される「するがシャトル」は、静岡への通勤・通学需要を満たすことになり、しだいに興津は静岡都市圏へと組み込まれていった。昭和の大合併で興津を編入した清水市は、平成の市町村合併によって2003年に静岡市と合併。興津は名実ともに静岡市になっている。

無断転載・複製を禁じます
2104556 0 東洋経済オンライン 2021/06/10 09:46:06 2021/06/10 09:46:06 2021/06/10 09:46:06

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)