読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日本一過酷な山岳縦走「会社員」参戦が実は多い訳

東洋経済オンライン
スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

トランスジャパンアルプスレース(TJAR)で、北アルプスの剱岳を進む選手たち(写真:田上雅之)

ライター 松田珠子

「日本一過酷」と称される山岳レース、「トランスジャパンアルプスレース(以下、TJAR)」をご存じだろうか。

日本海の富山湾から、北・中央・南アルプスを縦断し、太平洋の駿河湾にいたる約415㎞(累積標高差は富士山の登山7回分)をほぼノンサポート、自らの足で8日間以内に踏破する、隔年開催の超長距離レースだ。

このレースは、愛知県の岩瀬幹生さん(現・愛知県山岳連盟副理事長)の「仲間と日本海から日本アルプスを越えて太平洋まで駆け抜けたい」という思いが始まりだ(2002年の第1回の出場者は5人で、岩瀬さんただ1人が7日5時間7分で完走)。

知る人ぞ知る草レースだったが、徐々に参加者が増え、2012年大会の模様がNHKの番組で放映されたことで認知度が高まった。

コロナ禍による1年の延期を経て今夏に開催されたTJAR2020は、台風の影響で残念ながら2日目に中止となったが、選考会など厳しい関門を突破した30人がそれぞれのアルプスに挑んだ。

「自己責任」「自己完結」が基本

このレースの基本的な理念は「自己責任」「自己完結」。選手には走力、体力のほか、3000m級の山中で長時間活動するための知識や経験が求められる。マラソンやトレイルランニングのレースのように途中のエイドステーションはなく、レース中の宿泊はツエルト(簡易テント)などを使用した露営のみ。8日以内の完走を目指し、選手たちは睡眠時間を大幅に削り、補給や休息のタイミングを考え、身体のケアをしながら進む。

過去最速記録は、静岡県の消防士・望月将悟さんが2016年に樹立した4日23時間52分。望月さんは山岳救助隊員として静岡県の南アルプス山域で活動する “山のスペシャリスト”だ。2018年にはすべての食料を背負う「無補給」に挑戦し、6日16時間7分で完走を果たした。

出場者には望月さんのようなトップ選手もいるが、8日以内での「完走」を目指す選手が少なくない。年代は幅広く、職業もさまざま。過去には女性完走者も4人いる。TJAR2020の出場者を見ると、最年少は32歳、最年長は56歳。40代が20名、30代と50代がそれぞれ5名。40代の選手、いわゆる働き盛りのビジネスパーソンが圧倒的に多い印象だ。

彼らはなぜこのレースに挑むのか。完走経験のある2人に話を訊いた。

デジタル機器の研究開発を行う会社員の星加博之さん(40)は、2018年に初出場し、7日17時間52分(18位)で完走した。今夏のTJARにも出場している。

子どものころは病気で激しい運動への制限があり、弓道など心肺機能に負担の少ないスポーツをしていた。社会人になり、富士山に登ったことがきっかけで関東近郊の山に行くようになり、同時期にランニングも始めた。

「初めてのレースはハーフマラソン。完走したら達成感があって、走るのが楽しくなった」

走るとスッキリして、仕事のストレス解消にもなった。山を走るトレイルランを知り、レースにも参加するようになった。

TJAR2018を完走した星加さん(写真:金子雄爾)

30代のうちに、何か目標を掲げてやり遂げたい

TJARを知ったのは今から10年ほど前。(東京都と神奈川県との境に位置する)陣馬山の小屋の主人からTJARのレポートが載っている雑誌を見せてもらったのがきっかけだ。当時は、とくに興味を感じなかったという。

「そんなレースがあるんだ、と。400㎞以上と聞いて、別世界だと思っていた」

そのうち、マラソンやトレイルランニングの距離が延び、国内最高峰の100マイルレースであるUTMF(ウルトラトレイルマウントフジ)の第1回大会に参加した。

「38時間くらいかけて完走しました。達成感があって、そこで一度、燃え尽きてしまった」

山や走ることから離れ、仕事ばかりしていた30代半ば、「30代のうちに、何か目標を掲げてやり遂げたい」と思ったとき、ふと山小屋の主人から聞いたTJARのことを思い出した。

「ネットで調べたら、けっこう大きい大会になっていて。テレビ放映されていたことも知らなかった」

星加さんは、TJARを目指すことを決めた。

「5km走るところから、徐々に距離を伸ばしていきました」

2017年の山シーズンに入ると、毎週のように日本アルプスに通うようになった。当時、残業が多いときは月に80時間ほどにのぼることもあったが、週末の山時間は確保した。

「金曜に仕事が終わって、そのままアルプスの登山口行きの夜行バスに乗って、土日は山でトレーニング。日曜夜に帰って疲れてすぐ寝て、そのまま朝出社、という生活をしていた」

ハードだったが、時間のやりくりはむしろ面白かったという。

「仕事が忙しかったので、そのストレスや疲れを土日の山で発散するような感じ。身体は疲れるけど、頭はすごくリフレッシュできた。山行はハードだったけど充実していました」

初出場の2018年の本戦では、眠気とむくみがひどく、最後の85㎞のロードは特につらかったという。

「むくみで手足がパンパンになってつらく、完走できないんじゃないかと思っていた。家族が応援に来てくれて、何とか日が沈む前にゴールしたいと。2年くらいかけて準備してやり遂げた、というのは自信がつきました」

TJAR2018で山を進む星加さん(写真:金子雄爾)

目標を立てて取り組むのは仕事も同じ

今夏のTJAR2020は、2日目に中止となり、残念な気持ちの一方、序盤からの体調不良で「どこかホッとする気持ちもあった」と振り返る。2回出場した選手は次回エントリーできないというルールができたため、星加さんが次にTJARに挑戦できるのは、3年後以降となる。「年齢的にはまだまだいけると思う。やれることはやっていきたい」

星加さんがTJARに魅力を感じる理由は――。

「日本海から太平洋に行く、という冒険心ですかね。しんどいのはわかっているけど、子ども心を思い出すようなワクワクがあった。やってみたい、挑戦してみたい、と思いました」

同年代の選手が多い理由については次のように分析する。

「TJARは長いレースなので、いろいろトラブルも起きる。そこでの対処とかは経験がものをいうところもある。体力面だけではなく、経験や判断力も必要。あとは若い人たちはこんな過酷なことをわざわざやらないかと。40代で刺激が欲しくなる年代なのかな(笑)」

星加さん自身、趣味にのめり込んだのは「山とマラソンが初めて」だそうだ。

「山が好きかと言われると、僕の場合、よくわからない(笑)。山登りは、苦労して登った先できれいな景色が見られたり、達成感がある。山もマラソンも、達成感が味わえるからここまで続いてきたんじゃないかなと。目標を立てて取り組むのは、TJARも仕事も同じ。仕事面でも良い影響が出ていると感じます」

大手工作機械メーカーで管理職として勤務する片野大輔さん(40)も2018年に完走(7日12時間12分、13位)、今夏のTJARにも出場した。

走り始めたのは20代後半。ダイエットが目的だった。

「長期出張が多くて、出張のたびに現地で酒を飲んで……を繰り返していたらあっというまに太ってしまった」

「ランニングならシューズさえあれば1人でできる」という理由で走るようになった。その後、アメリカに5年間赴任。アメリカでもランニングを続け、フルマラソンを完走。日本に戻るとマラソンがブームになっていた。

通常、マラソンレースは何カ月も前にエントリーする。出張が多かった片野さんは、短いスパンでエントリーできるものを探し、見つけたのがトレイルランニングのレースだった。長野県の80㎞のトレイルランニングのレースにエントリーし、完走した。

トレイルランを通じて知り合った仲間と山に行くようになり、TJARのことを知った。日本アルプスに行くようになったのは2017年からだ。

「山仲間がTJARを目指していて、そういうレースがあると知りました」

ほかのレースにはない熱さを感じた

片野さん自身は強い気持ちでTJARを目指していたわけではなかったが、せっかくアルプスに行くのならと参加要件を満たしたことで、2018年大会にエントリー。

「本戦に出たいというよりは、予選に出てどれだけ過酷なのか興味があった」

選考会と抽選を通過し、本戦出場が決まった。片野さんにとってTJARは「マラソンやトレイルランなど数あるレースの一つ」だったという。実際に出場してみると、ほかのレースにはない熱さを感じた。

「TJARはレース中、ほぼほかの選手と会わないのに、なぜか強いつながりができる。(選手が)30人に限られていることもあるけど、選手どうしや、実行委員との距離が近い。危険なことを一緒にやると恋が芽生える、みたいなことあるじゃないですか(笑)。究極の状況でゴールを目指す、という、みんな同じような体験をしているのは大きいと思う。あと応援もすごく熱さを感じました」

TJAR2018のスタート。8番が片野さん(写真:金子雄爾)

片野さんがTJARに感じる面白さは「うまくいかないところ」だという。

TJAR2018に挑む片野さん(写真:金子雄爾)

「僕の場合、レースも山行も、失敗をしに行く、みたいな面がある。山行計画を立てて実行して、その結果を踏まえて次はこうしよう、と考えるのが楽しい。

例えば、家にいたらエアコンで室温を調節できるけど、山にいたら、ほかの人と同じ服を着ても、暑さや寒さの体感は違う。自然の中では、思いもよらない事態に遭遇することもある。トライ&エラーの繰り返し。ザックなど装備をいろいろ試すのも好きですね。計画して実行して、精査して次に活かすのは仕事にも通じる。そういうところに面白さを感じます」

家族は妻と娘3人。娘たちは中学生になり手がかかる時期ではないが、家を空けることが多いのは、やはり気が引けるという。そんな夫について妻の早紀さんは「登山で家にいないことが多いから迷惑な面もある。でも尊敬しているし、かっこいいと思う。半々ですね」と話す。

2018年大会は「自分の冷静なところが出て、(力を)出し切れなかったという悔いが残った」と片野さん。今夏は「前回と違うワクワク感を持って挑んだ」という。「1回完走したからこそ、経験を活かして、どのくらい短縮できるか見えていた。仕事の状況が来年、再来年とどうなるかわからない。出るなら、40歳の今がチャンスかなと」。

前記のようにTJAR2020は2日目に中止になり、不完全燃焼に終わったが、TJARは「つらさも含めて楽しい」と片野さんは言う。

「つらいことは覚悟の上。楽しさとつらさ、両方あるのがTJAR。大会中は、ほかのハイカーさんや小屋の方が声をかけてくれるのもうれしい。僕にとっては楽しいほうが大きいです」

日本にいて実現できる「最大の挑戦」

過去に5回選手として出場し4回完走している実行委員会代表の飯島浩さんは、選手がTJARに挑む理由について次のように話す。

「本質的には、ほかのマラソンやトレイルランのレースと何も変わらないと思います。ただ、TJARはあまりに長時間、壮大なレース。思い立って『出たい』と思って出られるものではないし、ただお金を出せば参加できるレースでもない。体力面はもちろん、参加要件など、こちら(主催側)が課している条件を満たすためには、相当の努力が必要。目指すとなれば、数年前から準備しないと出場は叶わない。

目指す人たちにとっては、日々の忙しい中で、目標を持ち続けることは、日々の生活の中で張り合いになると思う。お金も時間もかかるが、国内のレースだから、海外レースに比べると少しハードルが低いのかな。日本にいて実現できる、最大の挑戦という意味合いは強いと思います」

国内で実現可能な、最大かつ壮大な挑戦であるTJAR。次回は、来年2022年に開催される予定だ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2453838 0 東洋経済オンライン 2021/10/21 09:19:32 2021/10/21 09:28:13 2021/10/21 09:28:13

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)