“阪急王国”と私鉄ビジネスの原点は「池田」だった

東洋経済オンライン
スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

かつては車庫が広がっていた阪急宝塚線池田駅北口。駅前にはロータリー・バスターミナルと駅前広場が整備されている(筆者撮影)

阪急電鉄の総帥・小林一三は没して半世紀以上を経た今でも、鉄道業界で伝説的な人物として語り継がれる。小林は阪急を単に移動手段を提供するだけの企業にとどめず、鉄道を主軸に住宅地開発・ターミナルデパート・プロ野球(阪急ブレーブス)・宝塚歌劇団など多角的に事業を展開・拡大した。

鉄道人としての生涯を追ってみると、小林は1907年に阪鶴(はんかく)鉄道(現・JR福知山線)監査役に就任したのを皮切りに、1936年に阪急会長と目蒲電鉄・東横電鉄の取締役を辞任するまで約30年間にわたって第一線で活躍した。

それ以降も、決して鉄道と無縁だったわけではない。江東楽天地(現・東京楽天地)や第一ホテル、西宮球場といった鉄道と親和性の高い事業を次々と立ち上げていく。戦後は公職追放によって空白期間が生じるものの、死没前年の1956年に新宿コマ・スタジアムと梅田コマ・スタジアムを設立して両社の社長に就任。最期まで事業に奔走した。

池田の住宅分譲が阪急発展の礎に

小林と阪急を語るとき、その多くは梅田・宝塚・西宮に焦点が当てられ、池田(大阪府池田市)がクローズアップされることは少ない。しかし、池田駅の存在を抜きにして小林を語ることはできない。池田の宅地買収と、その後の住宅販売がスムーズに進まなければ現在の阪急は存在しない。

阪急宝塚線の電車(写真:K.O/PIXTA)

小林が「住宅地御案内」とのPR冊子を配布し、池田駅前の分譲住宅を販売したのは、阪急電鉄の前身である箕面有馬電気軌道(現在の宝塚線と箕面線)が開業する半年前に遡る。同社は1910年に梅田駅―宝塚駅間と、石橋(現・石橋阪大前)駅から分岐して箕面公園(現・箕面)駅までの支線を開業した。

池田駅前に造成された住宅地は池田新市街地(後に池田室町)と名づけられた。同住宅地は82万5000平方メートルにも及び、呉服神社を中核に全207区画を造成。1区画は100坪で、そこに20坪の住宅が建てられた。

当時は会社勤めのサラリーマンが増えていた時代とはいえ、大半の人は農業をはじめとする第1次産業に従事していた。池田は中世から酒造りが盛んだったが、近隣の伊丹や宮水を擁する西宮・神戸一帯に広がる灘五郷に押されて江戸後期から酒造業は衰退していた。そのため、植木・園芸や石炭業の従事者が多かった。農業以外では、家内制手工業的な町工場や同じく家族経営の商店が中心だった。

つまり、池田では家と職場が同一もしくは近接する生活スタイルが一般的で、通勤という概念は希薄だった。小林が思い描く、郊外に一戸建てを構えて都心に通勤することなど考えられる状況にはなっていなかった。

小林は、池田新市街地のターゲットを大阪で働くサラリーマンに絞った。大阪市は工業化の進展により、大大阪市と称されるほどの勢いがある都市に発展していた。一方で工場からの排煙で大気汚染は激しく、生活環境は悪化。小林は健康的な池田に住居を構えて電車で大阪に通うという生活スタイルを提唱する。先述したPR冊子は1万部を制作したが、それらの大半は大阪市内で配布された。小林の想定した通り、池田新市街に居住した住民は、池田駅から電車に乗って通勤した。

池田に駅ができるまで

池田駅は池田町(現・池田市)に初めて開設された駅だが、それまでにも池田に鉄道駅を開設する計画はあった。1891年、川辺馬車鉄道が尼崎港―伊丹間を開業。同社は伊丹の主要産業だった酒造業や明治期に勃興した紡績業による出資者が多くを占め、製品輸送を目的としていた。

やがて同鉄道は輸送力を増強するべく、馬車から蒸気機関車へと転換。社名も摂津鉄道に改めた。同時に路線を北へと延伸し、池田と川西の境に流れる猪名川付近に停留所を設置。停留所は川西に所在したが、停留所名は池田が採用された。

【2022年5月16日16時00分追記:初出時、一部の地名に誤りがあったため上記のように訂正しました】

その後、摂津鉄道は阪鶴鉄道に統合。同鉄道は宝塚駅まで延伸したが、1907年に国有化された。同社の経営陣たちは、新たに鉄道会社を立ち上げるべく阪鶴が保有したままになっていた大阪―池田間の敷設権を活用する。これが箕面有馬電気軌道へとつながっていった。

旧加島銀行池田支店の建物は文化財として保存され、現在は商店として活用されている(筆者撮影)

同軌道の沿線は農地が広がるだけで、需要が見込めるエリアではなかった。開業した当初、農村地帯を走る電車は“みみず電車”と揶揄されるほどだった。地域は近代化の波にも乗り遅れていた。明治期、地域の富農や実業家は経済的発展のために次々と銀行を設立していた。ところが池田には西宮銀行池田支店と摂池銀行の2つしかなかった。

【2022年5月16日16時00分追記:初出時、銀行名に誤りがあったため上記のように訂正しました】

だが、電車が走り始めると、大阪につながったことから経済が活発化していき、地元有志が池田実業銀行を設立。1917年には、大阪市に本店を置く加島銀行が支店を構えた。

小林は住宅の販売方法に工夫を凝らし、サラリーマン世帯が購入しやすいように月賦という販売方法を考案。池田駅の周辺は月賦によって住宅を購入したサラリーマンが居住し、大阪への通勤で電車に乗るという相乗効果を生み出す。沿線人口が増加したことで、駅周辺も開発が進んだ。

小林の邸宅だった雅俗山荘は、小林一三記念館として一般公開されているほかレストラン・カフェも併設している(筆者撮影)

肝心の小林本人は、電車が開業する前年に大阪から池田へと転居。現在、同地には逸翁(いつおう)美術館や、1935年に自邸を増築した際に建てられた「雅俗山荘」(がぞくさんそう)をリニューアルした小林一三記念館、阪急文化財団の池田文庫がある。小林は没するまで雅俗山荘で過ごした。

池田に住み、大阪に通勤するというライフスタイルを浸透させるにあたり、小林は病院の誘致にも力を入れている。小林が池田へ転居したばかりの頃、周囲には病院がなかった。そのため、大阪市で回生病院を営んでいた菊池篤忠に病院の開院と自邸の建設を打診する。菊池は小林に応え、池田分院を開業した。

以降、池田駅周辺には博愛病院・増本病院を筆頭に個人経営の診療所、鍼灸医や助産院が増えていった。また、病院ではないが、1919年には塩野義三郎商店(現・塩野義製薬)創業者の塩野義三郎が邸宅を構え、社員寮も建設した。これらは池田のみならず周辺地域の医療を担っていく。

小林以外の「池田の功労者」たち

こうした成功譚の裏で、土地買収に関連した贈収賄事件が起こっている。小林は有罪にはならなかったが、事件の責任を取る形で専務取締役から平の取締役へと降格した。

小林が降格する原因になった贈収賄事件では、地元の酒造家で増本病院を開設した北村儀三郎や池田実業銀行頭取を務めた清瀧徳兵衛といった池田の有力者たちと対立する一幕もあった。

池田の発展史は小林や阪急に関連づけて語られることが多く、池田市が公刊する資料群でも小林に関する記述が多い。しかし、池田の発展史において北村や清瀧の活躍も無視できない。北村と清瀧は、1917年に池田土地という不動産会社を設立。池田土地は、池田駅南側に約3万坪で全58区画もの満寿美住宅経営地を造成した。そこには、池田新市街よりも高級な住宅が立ち並ぶ。

当初の満寿美住宅経営地は売れ行き順調とまでは言えなかったが、高級住宅地という評判が広まるにつれ、大阪市の富裕層が別荘として購入した。

小林や北村・清瀧が住宅地造成に力を注いだ1910年前後は社会的な潮流から住宅への関心が高まっていた時期でもあった。それらが合致し、社会全体が住宅地開発を後押しした面がある。例えば、1921年には住宅組合法が施行。これが資金面から住宅の貸家経営が後押しした。池田駅周辺では、同法により清瀧を委員長とした組合が発足。これにより、池田での住宅建設が加速。居住人口も増加した。

池田新市街地や満寿美住宅経営地などの住宅地が造成された池田駅南口(筆者撮影)

さらに、1922年には東京・上野公園を会場として「平和記念東京博覧会」が開催された。同博覧会では、文化住宅と命名された実物大の住宅が展示された。これは住宅不足の解消や質の向上といった目的を含んでいたが、同年には大阪・箕面村(現・箕面市)でも同じ趣旨の住宅改造博覧会が開催された。

これら博覧会の影響から、木造一辺倒だった日本の家屋にも鉄筋コンクリートといった変化が生じた。住環境における変化は建物だけにとどまらず、生活習慣を左右する居室空間にも及んだ。それまで居室は畳一辺倒だったが、博覧会では椅子を前提とした洋式居室が提案されている。住環境はハード・ソフト両面で大きく変わっていった。

モダン建築を支えた工務店

しかし、いくら建築家が洋風建築を考案・設計しても、実際に建てる大工や職人がいなければ机上の空論でしかない。だが幸いなことに、池田に居住していた大工集団は明治期に押し寄せる近代化の荒波を乗りきっていた。

池田の大工集団のなかでも、1867年に創業した八尾工務店は幕末の激動期に起業したこともあり近代的な技法を取り入れることに抵抗がなかったようだ。八尾工務店は池田実業銀行(現・いけだピアまるセンター)や日本基督教会池田教会、いとや百貨店など池田駅周辺の洋風建築を多く手がけている。阪神間でモダニズム建築というと、神戸や芦屋の印象が強いが、実は池田でも同時期にモダニズム建築が試行されていた。

同工務店の技術力は高く、それは小林のお眼鏡に叶うものだった。池田新市街地の住宅も担当。晩年の小林は茶道に傾倒し、雅俗山荘の庭にも茶室をしつらえたが、それも施工している。

戦後の一時期、小林は公職追放という憂き目に遭った。また、池田の邸宅はGHQに接収された。それでも、池田で隠然たる影響力を有していた。その象徴とも言うべき出来事が、1947年に実施された池田市長選だった。

同市長選では、武田義三と中田正道の2氏が立候補。中田は池田育ちで政治経験もあった。一方、武田は商売人で衆院選への出馬経験はあったが、落選したため政治家を務めたことはない。こうした状況から、中田が圧勝するという下馬評だった。ところが、結果は武田が勝利を収める。その遠因が、小林だった。

市長選の期間中、元首相の幣原喜重郎が武田の応援演説のために池田を訪れた。小林が幣原の演説を聞くために武田の会場へ足を運んだことで、池田市民の間では武田がすごい人物なのではないかという風聞が流れた。

この風聞が選挙情勢を大きく変え、武田は市長に当選。その後も戦災復興・高度経済成長という時代の波に乗り当選を重ね、最終的に7期28年間にわたって池田市政を担った。

小林が池田市政に影響を及ぼしていたことを物語る出来事は、それだけではない。終戦直後の日本は全国的な食糧難で、池田市民も食糧を求めて電車で買い出しに出ていた。小林はこれを憂慮し、池田に公設市場の開設を働きかけた。その結果、阪急が池田駅北側に所有していた遊休地を市に貸与。ここに池田の商店主たちが店を構え、それが復興の足がかかりになっていく。

さらに、1949年に大蔵大臣の池田勇人が一県一行主義政策の修正を表明すると、小林は地方の繁栄には地方銀行が必要との考えから池田信用組合長の清瀧幸次郎に池田銀行(現・池田泉州銀行)の設立を持ちかけた。清瀧幸次郎は池田実業銀行で頭取を務めた実業家だが、なにより一時期は小林のライバル関係にあった徳兵衛の養子という続柄でもあった。そんな両者が池田発展のために力を結集したのだ。

いまも阪急の「本店」は池田に

高度経済成長の熱狂が鎮まる1970年代半ばから、池田駅周辺は再開発の機運が芽生える。池田市は駅前整備事業部という部署を新設し、再開発に取り組んでいく。再開発事業では高架化によって開かずの踏切を解消し、同時に駅南北を再整備することに主眼が置かれていた。これにより、池田駅前後の約1.25kmが高架線へと切り替えられた。

また、開業時の池田駅は現在地よりも西側にあり、街の中心軸がずれていたことも再開発によって補正された。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

再開発最大の焦点だったのは、池田駅北側に広がる阪急の池田車庫の扱いだった。移転は決定事項だったが、跡地整備の方針がまとまっていなかった。当初、川西能勢口駅止まりになっていた能勢電鉄を延伸する形で乗り入れすることも議論されたが、これは実現していない。
池田駅前の再開発は、1986年に完了。以降、池田駅は住宅都市として歩み、目立つようなトピックスは多くない。

しかし、阪急は本社をターミナルの梅田駅近くに置いているのに対して、登記上の本店は現在も池田に置かれている。そこからは、池田駅は小林が生み出した私鉄のビジネスモデルの原点であるという力強いメッセージを読み取ることができる。

スクラップは会員限定です

使い方
「深読み」の最新記事一覧
2995211 0 東洋経済オンライン 2022/05/19 09:40:15 2022/05/19 09:40:15 2022/05/19 09:40:15

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)