沈黙の引退、国鉄形「EF66」はなぜ人気があるのか

東洋経済オンライン
スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

中央がEF66形。両側の機関車と比べ存在感がある(画像:キヨキヨ/PIXTA)

2022年3月のダイヤ改正を機に、JR貨物で活躍していたEF66形27号機が引退した。EF66形27号機は、国鉄形のEF66のうち、最後まで現役車両として使用されていたもので、登場から半世紀近く活躍した。

EF66は国鉄時代に貨物用の機関車として造られたのだが、一部は旅客用に転じて寝台特急のブルートレインも牽引したことでも知られている。見た目の良さもあって、ファンの間から絶大な人気を誇っていた。

「格好いい」機関車になった理由

EF66は1966年にEF90として試作機が登場、1968年からEF66として量産化がはじまった。同じ時期に造られた国鉄形電気機関車では、箱形のデザインで造られているのが基本だが、EF66は流線形のスタイルで造られ、ほかの国鉄形電気機関車とは見た目の良さが際立っている。ではなぜ、EF66は格好良く造られたのだろうか。

その理由は「スピード」である。EF66に与えられた使命は貨物列車の高速化で、「カッコいい」姿は速度向上に由来したものだ。当時の国鉄形機関車では、踏切事故の対策として運転台の位置を上げ、万一の際に乗務員を保護するという考え方が実践されていた。EF66と同時期に造られた国鉄形機関車を見ると、フロントガラスに相当する前面の窓が細長いが、これは運転台の位置を高くしたことが理由となる。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

さらにEF66の場合は、前面の窓の下を膨らませて運転台の位置を後ろに下げている。これにより保安度を上げているほか、運転席の位置から直下の線路を見づらくすることで、運転時の疲労を軽減する効果を狙っている。

デザイン的には、前面の窓を高い位置に持っていくと、前面の下のほうが間延びした感じになってしまう。だが、EF66の場合は全体的に丸みをもたせたうえに、前照灯と尾灯は縦に配置し、両端に配置された前照灯と尾灯の間に装飾を施すことで、間延びした印象を感じさせない。高速で走るという機能からはじまり、デザインを整えたら格好良くなってしまったというわけだ。

丸みを帯びたデザインは同時期に造られたディーゼル機関車で実績があり、1964年に登場した新幹線の救援・工事列車用の911や、1965年に登場した除雪用のDD53で採用例があるのだが、EF66では911やDD53の流れを受けて、さらにデザインが進化している。

EF66はデザインのほか、パワーでもほかの国鉄形電気機関車と比べ、群を抜いている。EF66の出力は3900kWで、同時期に造られた国鉄形電気機関車が持つ出力の約1.5倍ないし2倍程度となる。重たい貨物列車を高速で走らせるため、大きな出力を持たせているのだ。

貨物列車はトラックと競合しているが、EF66が生まれた頃は既にトラックによる物流が盛んに伸びていた時期でもあり、その対策として貨物列車の高速化を行う必要に迫られていた。当時の国鉄で検討した結果、重さ1000トンの貨物列車を時速100kmの高速度で牽引する性能を機関車に持たせるのが適当とされ、これには3500kWの出力が必要とされていた。

これに見合った性能で造られたのがEF66なのだが、現在のJR貨物で主力となっている機関車の性能を見ると出力3500kW程度で造られていて、EF66の性能を引き継いだ形となっている。ちなみに、関東で走っている最近の通勤電車の出力は、10両編成で3000kW台だ。EF66の出力は、10両編成の通勤電車を若干上回る程度としている。

また、現代の貨物列車では品物をコンテナ(容器)に収めて運ぶスタイルが主流となっている。高速道路などでよく見かける大形トラック2台分ないし2.5台分がJR貨物のコンテナ車1両に相当し、コンテナ車1両で列車の重さは50tとして計算しているのが基本だ。先の1000トン列車であればコンテナ車は20両、大形トラックでは40~50台分に相当する輸送力となる。

現在の東海道本線では、「スーパーレールカーゴ」という佐川急便の貨物列車が最高時速130kmで走っているが、これは1日1往復の貨物電車による例外的な存在だ。機関車が牽引する貨物列車では最高時速110kmの列車が最速で、列車の重量は1200トン、長編成の1300トンの列車では最高速度が100kmとして設定されている。最高時速110kmの貨物列車の運転は1988年からはじまったのだが、この貨物列車の先頭に立ったのがEF66で、当初の計画よりも重たい列車を高速で牽引している。

鮮魚列車でも活用

EF66が本格的に使用されたのは1968年からで、当初はコンテナ列車のほかに鮮魚列車にも使用された。鮮魚列車では東京市場行の「とびうお」や大阪市場行きの「ぎんりん」と呼ばれた列車があり、これらの列車の大半の区間をEF66が牽引していた。鮮魚列車は貨車の老朽化やコンテナ列車・トラック輸送への移行でなくなるが、コンテナ列車では引き続き現役の最後まで使用された。

国鉄形のEF66は、試作機を含めて1975年までに合計56両が製造された。東海道本線や山陽本線を高速で走るコンテナ列車を年々増強していったため、増備を続けていたのだった。だが、国鉄全体では貨物の需要がトラックに奪われたのが実態で、国鉄末期には貨物列車にも大鉈を振るっている。国鉄時代の末期には、EF66を持て余し気味にしていたと言っていいのかもしれない。

貨物用だったEF66だが、1985年に「ブルートレイン」こと寝台特急の牽引に抜擢され、旅客列車に進出して当時のファンを驚かせた。当時、東京から九州方面に数多くの寝台特急が運転されていたが、このうち西鹿児島(現在の鹿児島中央)行きの「はやぶさ」でロビーカーという車両が新たに連結された。当時の寝台特急には寝台車と食堂車が連結されていたのだが、東京から九州までの乗車時間が20時間近くもある中、寝台以外にいられる場所がなかった。寝台特急のサービス水準を向上させるべく、定員外のフリースペースとしてロビーカーは新たに連結されたのだった。

これにより、「はやぶさ」は機関車を含めて16両という長い列車になったのだが、ロビーカーを連結した分だけ列車が重くなってしまった。列車が重くなってもスピードを維持するべく、出力のあるEF66を寝台特急に抜擢したというわけだ。

「はやぶさ」だけEF66にすると効率が悪いので、長崎・佐世保行き(当時)の「さくら」、長崎・熊本行きの「みずほ」、大分行きの「富士」、博多行きの「あさかぜ」も併せてEF66の牽引に改めている。

JR発足以降の活用は?

JR発足に際し、EF66は寝台特急の牽引用として16両が、貨物列車の牽引用としてJR貨物に40両が引き継がれた。だが、JR化後は寝台特急が次々と廃止され、1994年に「みずほ」が廃止されたのをはじめ、2005年には「あさかぜ」「さくら」が、2009年には「富士」「はやぶさ」が廃止されて九州方面の寝台特急が消滅している。

寝台特急では東京発着のほか、関西発着の寝台特急でもEF66が使用された。2000年から長崎行きの「あかつき」と大分行きの「彗星」で、2005年には「彗星」の廃止に前後して熊本行き(当時)の「なは」も牽引している。「富士」「はやぶさ」とともに、九州方面へ向かう寝台特急は末期になると編成が短くなっていて、EF66が必須とされておらず、ほかの機関車が牽引することもあった。ロビーカーが連結された頃とは事情が違い、機関車の運用、やり繰りの都合でEF66が使用されたと言っていいだろう。

寝台特急の廃止により、JR西日本のEF66は1995年から順次廃車され、「富士」「はやぶさ」の廃止で2010年に全廃されている。一方で、JR貨物のEF66は1993年から2004年にかけて更新が行われ、大規模な修繕を施して維持されたほか、JR西日本からは4両を譲り受けている。

JR西日本のEF66では引退まで国鉄時代の姿を踏襲し、細部に手を加えた程度で維持されていた。しかし、JR貨物のEF66では車体の色を塗り替えた車両が大半で、併せて前面の装飾も外してしまった車両ばかりとなっていた。だが、27号機はJR貨物の機関車として更新を受けたにもかかわらず、国鉄時代に近い姿のままで残された。ブルートレインを牽引した頃のEF66と同じ姿でもあり、ファンの間からは「ニーナ」とも呼ばれて親しまれることになる。

JR貨物のEF66も2001年に試作機の901号機(元EF90)が廃車されたほか、後継の機関車が増えたことで2007年から本格的に廃車がはじまった。2018年には、JR貨物が保有する国鉄形のEF66は27号機の1両だけ稼働する形となり、2022年に引退するまで孤高の存在として貨物列車の先頭で活躍した。

1分も経たずに完売した有料撮影会

JR貨物が保有するEF66には、国鉄から継承した車両のほか、1989年から1991年にかけてEF66形100番代として33両が造られた。JR発足後のバブル景気で貨物列車の需要が増え、大出力の機関車が必要となったために造られた車両だが、こちらはデザインが異なっている。実は100番代も2020年から廃車がはじまり、2021年までに初期形の8両が、27号機に先んじて引退している。

2022年5月21~22日には、JR貨物のEF66が配置されている吹田機関区で機関車の特別公開が行われ、今回引退した27号機も展示して有料の撮影会が実施された。撮影会の募集はインターネット上で行われ、5月11日の14時に発売が行われたが、発売から1分経たないうちに完売している。

国鉄形のEF66は人気の機関車でもあり、鉄道博物館に11号機が、京都鉄道博物館には35号機が保存されるなど、現役引退後もその姿を見ることができる。

スクラップは会員限定です

使い方
「深読み」の最新記事一覧
3099336 0 東洋経済オンライン 2022/06/23 09:34:41 2022/06/23 09:34:41 2022/06/23 09:34:41

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)