東海道新幹線「3つのカイゼン」で目指す将来の姿

東洋経済オンライン
スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

刃物を持った不審者を想定した東海道新幹線車内での訓練(撮影:尾形文繁)

小さな改善の積み重ね。「カイゼン」はトヨタ自動車の成長の原動力だが、これはトヨタだけのお家芸ではない。JR東海は「磨きをかける」と表現して、新幹線の改善を続けている。

今年は東海道新幹線「のぞみ」が運行を開始してから30年に当たる。この間、さまざまな車両がのぞみ向けに投入された。2007年に登場したN700系は故葛西敬之名誉会長が「新幹線の完成形に達している」と絶賛した車両だ。しかし、「完成」ではなかった。JR東海はその後も開発を継続し、N700A、そして最新型のN700Sを生み出した。東京―新大阪間の所要時間は1992年には2時間30分だったが、N700系が登場した2007年には2時間25分、2020年には2時間21分になった。わずかな短縮の積み重ねが大きな時間短縮となる。

「磨き」は速度向上に限ったことではない。安全、安定運行、サービスという3つの「磨き」に関するJR東海の取り組みをルポする。

「刃物を持った不審者」想定し訓練

「なんつったコラア!」。満員の客を乗せた東海道新幹線の12号車で、坊主頭の男性が突然大声を出して立ち上がり、刃物を振り回した。

「キャアアアー」。そばに座っていた女性客の叫び声は、坊主頭の男性に負けず劣らず大きく、車内に緊張感が走る。

これはJR東海が6月13日の営業運転終了後の深夜、品川―新横浜間に列車を走行させて実施した不審者対応訓練の1コマ。2021年10月31日に京王線の特急電車内で発生した刺傷・放火事件を受けて実施された。この事件では最寄り駅で緊急停車した列車のドアとホームドアの位置がずれていたためドアもホームドアも開かず、乗客が窓からホームドアを乗り越えて避難する事態となった。

本来、列車のドアとホームドアの位置にずれがあった場合は停車位置を修正してから両方のドアを開けるのが原則だが、国土交通省は「異常事態が発生している列車では修正せず、ドアとホームドアの双方を開けて乗客を安全に避難誘導する」という新たな対策を打ち出した。また、走行中に非常ブザーが押された場合は原則としてその場で緊急停止させるとされていたが、「車内で複数の非常通報装置のボタンが押され、内容が確認できない場合は、速やかに適切な場所に停車する」とした。

そこで、JR東海は新たな対策に基づき、品川―新横浜間で複数の非常ボタンが押されたという想定で最寄り駅である新横浜まで走行させ、新横浜駅で列車位置とホームドア位置がずれている状態での乗客の避難を誘導するという訓練を行うことにした。

警察官が演じた刃物を振り回す不審者(撮影:尾形文繁)

訓練には運転士、車掌、駅係員、指令員、パーサー、警備員などに警察も加えたおよそ150人が参加した。刃物を振り回す男性を演じたのは警察官である。こうした実地訓練は気を抜くと緊張感がないものとなりがちだが、女性が張り上げた声の大きさは、少なくとも訓練を取材する報道関係者たちを動揺させるだけの迫力があった。ちなみにこの女性はJR東海の社員だという。

緊急事態の車両を

女性の叫び声を契機に、たまたま12号車に乗り合わせていたという想定のJR社員が車両内の乗客に「逃げて、逃げて」と大声を出して、ほかの車両に誘導する。“乗客”たちは「わー」「きゃー」と叫びながら一目散に前後の車両に駆け込んだ。誘導されているというよりも本気で「逃げて」いるように見える。これも女性の叫び声の効果だろう。

逃げる途中で複数の「乗客」が非常ボタンを押した。非常事態が起きたと判断した乗務員は行動を開始した。運転士は新横浜駅での緊急停車に向け速度を落とし、車掌は12号車で緊急事態が起きていることをアナウンス。この男性がほかの車両に移動できないように前後の扉が閉め切られた。

刃物を持った不審者がほかの車両に移動できないよう扉を閉め切る(撮影:尾形文繁)

警備員が12号車に乗り込み、刃物を持つ男性が襲いかかってこないように注意しながら、逃げ遅れた乗客がいないかどうかを確認した。車内放送が特定の車両のみ流れるように設定されると、新幹線総合指令所も車内対応のサポートを始めた。詳細は明かされなかったが、新横浜到着後の手順などが説明されたはずだ。

新横浜では、駅係員がホームドアを開けて列車を待っていた。列車が到着すると、駅係員や警察の指示により乗客が避難を開始。「あせらずゆっくりと」という指示があったにもかかわらず、大半の人が走って避難していた。おそらく実際の状況を想定してのことだろう。同時に大勢の警察官たちが列車に乗り込んで、男性を取り押さえた。

ホームドアと車両の位置がずれた状態での避難には課題も(撮影:尾形文繁)

最後に報道関係者も下車したが、ホームドアの裏側に設置されている突起物が邪魔になって列車からホームへの移動は結構難儀だった。この状態でもし大勢の乗客が押し寄せたら将棋倒しになる危険があると感じた。

今回の訓練を担当した新幹線鉄道事業本部の近藤雅文運輸営業部長は、「このような訓練を積み重ねていくことが非常に大切。社員の対応能力を高めていきたい」と話す。JR東海はこれまでにも大地震や列車内火災など毎年テーマを決めて、営業運転終了後の深夜に、実際に列車を走らせて訓練を行うことで異常事態に備えている。とはいえ、JR東海の想定を超えるトラブルが次々と起きているのも事実だ。新たな課題が生じれば、それに対応した訓練を行う。この繰り返しに終わりはない。

「雪対策」へブレーキ試験装置

2つ目の「磨き」は安定運行についてだ。世界一の定時運行性能を誇る東海道新幹線の泣きどころは「雪」である。それまで秒単位の正確さで運行していても、雪が降ると途端に運行ダイヤが乱れ始める。

東海道新幹線のルート上で特に雪が多いのが、滋賀県と岐阜県の県境に位置する米原・関ヶ原地区である。雪の弊害は大きい。高速走行する新幹線が巻き起こす風で、線路に積もった雪が舞い上がり、車両床下や台車に着雪。これが次第に大きくなって雪塊となり、落下した際の衝撃で線路の砂利(バラスト)が飛散し、車両の窓ガラスを破損させることがある。そのため、新幹線は降雪時に減速運転を余儀なくされる。名古屋駅ではホーム下で車両の床下に付着した雪を落とす作業が行われるが、作業が長引けば列車遅延につながりかねない。

そんな雪の悩みを、ある装置が解決してくれるかもしれない。それは、JR東海の小牧研究施設で3月から本格稼働した「ブレーキ総合試験装置」である。

小牧研究施設の「ブレーキ総合試験装置」(撮影:尾形文繁)

地震発生時に列車を速やかに停止させるため、ブレーキ性能の改善が続けれられてきた。しかし、冷たい雨や雪が降る状態で強くブレーキをかけると、車輪が滑って停止までの距離が長くなる。そのため、JR東海は季節に関係なく冷たい雨や雪といった気象条件を再現し、ブレーキ試験を繰り返し実施できる試験装置を開発した。試験で得た知見を生かして、最適なブレーキ制御に向けたブレーキ部品の改良に取り組んでいく。この試験装置は国内初で、約28億円かけて開発したという。

装置が稼働する様子を取材した。レールの代わりとなる軌条輪と車輪が接触して回転を始めると、ノズルから噴出した雪がみるみるうちに台車の周辺に付着した。

稼働中のブレーキ総合試験装置。ノズルから噴出した雪が台車の回りに付着していく(記者撮影)

JR東海総合技術本部技術開発部車両制御チームの佐藤賢司チームマネージャーは、「車輪が滑る状態を発生させて、それをできるだけ早く収束させるよう性能を高めることが目的」としたうえで、「地震などが発生した際のブレーキ距離の短縮を目指す」と話す。

ブレーキ総合試験装置と名付けられているものの、季節に関係なく着雪状態を作り出すことができるという部分がミソである。つまり、ブレーキ性能の向上だけでなく、雪対策にも有効なのだ。「着雪しにくい車両構造の検討や、雪落とし作業を機械化する開発にも取り組みたい」。いずれ、ここで培われた知見が新型車両に反映されるに違いない。

車内販売の「質」向上策

サービスについてもJR東海は「磨き」を重ねている。その取り組みは列車内でも見ることができる。

東海道新幹線の車内販売業務を行うジェイアール東海パッセンジャーズ(JRCP)の研修施設の様子(撮影:尾形文繁)

たとえば、東海道新幹線では6月20〜30日の期間、車内販売で商品を購入した乗客にアンケートを実施した。インターネット上で回答する方式で、回答者の年齢、性別、利用頻度、乗車目的などの属性を聞かれた後は、「車内販売は乗車してから何分後に来たか」「ワゴンを押す速度は適切か」「販売員と目が合ったか」「販売員に声をかけやすいか」「何を買ったか」「今後購入したい商品はあるか」といった質問が並ぶ。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

集まった回答を分析して改善を行えば、車内販売員の質の向上につながり、乗客も気持ちよく商品を購入できるようになる。

こうしたアンケートは過去にも実施しており、「以前アンケートを行った際に、お客様から車内販売限定商品があったらいいというお声があり、それをふまえ限定のグッズ販売など行ったことがある」と、JR東海の担当者は説明する。人気の車内販売限定グッズも元をたどればアンケートがきっかけだったわけだ。

速度、安全、安定、サービス。ほんの少しのカイゼンの積み重ねで新幹線が進化する。将来の新幹線ははたしてどのような姿になっているのだろうか。

スクラップは会員限定です

使い方
「深読み」の最新記事一覧
3137164 0 東洋経済オンライン 2022/07/07 09:32:21 2022/07/07 09:32:21 2022/07/07 09:32:21

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)