<速報> 女子100平泳ぎ、鈴木聡美が日本勢初の金メダル…アジア大会
    文字サイズ

    東大生ランナー、12年ぶり出場か…前回は補欠

    • 東大から12年ぶりの出場を目指す近藤秀一(15日の予選会で)=飯島啓太撮影
      東大から12年ぶりの出場を目指す近藤秀一(15日の予選会で)=飯島啓太撮影

     関東学生陸上競技連盟は17日、第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(来年1月2、3日=読売新聞社共催)に出場する関東学生連合チームの16選手を発表した。

     15日に行われた予選会の結果などを踏まえ、中大の堀尾謙介(2年)、専大の丸山竜也(4年)らが選ばれた。東大の近藤秀一(2年)は2年連続の選出。前回大会で補欠に回ったため、今回出場すれば東大の選手では12年ぶりとなる。監督は、中大の藤原正和駅伝監督が務める。

     関東学生連合のメンバーは1校1人に限られ、本大会ではオープン参加のため、タイムは参考扱いとなる。

    2016年10月17日 18時46分 Copyright © The Yomiuri Shimbun