文字サイズ
    つなぐ2018

    駒大 復活のカギ 往路に力

    • 練習に臨む駒大の選手ら
      練習に臨む駒大の選手ら

     トラックではタイムが出なくても、この季節になると底力を出してくる。「ロードの駒大」が復活への態勢を整えている。「往路優勝、総合3位以内に向けていい感じですよ」と大八木弘明監督の言葉に力がこもる。

     前半を重視するのは、前回の4区が区間18位の大ブレーキとなって苦しみ、7年間続いた総合3位以内が途切れ、9位に沈んでしまったからだ。監督は「どのチームも前半でトップ争いをしないと、総合順位でも苦しむことになる」とみている。

     チームのダブルエースである工藤有生なおき(4年)と片西景(3年)も前半の重要区間を意識して調整を進める。工藤は、12月上旬に自ら頭をバリカンで刈って丸坊主にした。「最後の箱根に向けて自分を奮い立たせるため。頭を刈ると調子が上がるんです」という。

     片西は、ユニバーシアード大会のハーフマラソンで金メダルを獲得してたくましさを増した。11月の全日本大学駅伝では1区を任されて首位に1秒差の区間2位。「長い距離のほうが得意。箱根では中心選手の自覚を持って、任された区間をしっかり走る」と力強く話した。(古谷隆昭)

    2017年12月15日 14時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun