文字サイズ
    戦力分析2019

    厚い選手層で士気高い帝京大

    • 過去最高の3位を狙う帝京大の畔上和弥
      過去最高の3位を狙う帝京大の畔上和弥

     出雲、全日本でともに過去最高の5位に入り、勢いに乗る。主将の竹下かい(4年)は「他大学をびっくりさせるレースができた。以前なら大満足だったと思うが、全員、悔しがっていた。もっと上で戦いたい欲が出ている」と選手たちの士気の高まりを感じ取る。

     5月の関東学生対校選手権のハーフマラソン(2部)では、エースの畔上和弥(4年)が青学大勢らを抑え、ケニア人留学生に次ぐ2位。横井裕仁(4年)も3位と続き、チームに弾みをつけた。全日本では将来の柱として期待される遠藤大地(1年)が4区で区間3位と好走し、選手層の厚さを示した。

     山登りの5区は平田幸四郎(3年)、山下りの6区には横井と前回の経験者が残っており、不安は見当たらない。1、2区で好位置につけられれば、選手たちが目標に掲げる過去最高の総合3位も見えてくる。

    2018年11月15日 12時05分 Copyright © The Yomiuri Shimbun