厚い選手層で士気高い帝京大

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

過去最高の3位を狙う帝京大の畔上和弥
過去最高の3位を狙う帝京大の畔上和弥

 出雲、全日本でともに過去最高の5位に入り、勢いに乗る。主将の竹下かい(4年)は「他大学をびっくりさせるレースができた。以前なら大満足だったと思うが、全員、悔しがっていた。もっと上で戦いたい欲が出ている」と選手たちの士気の高まりを感じ取る。

 5月の関東学生対校選手権のハーフマラソン(2部)では、エースの畔上和弥(4年)が青学大勢らを抑え、ケニア人留学生に次ぐ2位。横井裕仁(4年)も3位と続き、チームに弾みをつけた。全日本では将来の柱として期待される遠藤大地(1年)が4区で区間3位と好走し、選手層の厚さを示した。

 山登りの5区は平田幸四郎(3年)、山下りの6区には横井と前回の経験者が残っており、不安は見当たらない。1、2区で好位置につけられれば、選手たちが目標に掲げる過去最高の総合3位も見えてくる。

53357 0 読み物 2018/11/15 12:05:00 2018/11/15 12:05:00 2018/11/15 12:05:00 第50回全日本大学駅伝で7区を走る帝京大の畔上和弥(4日)=泉祥平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181119-OYT8I50006-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ