主軸充実で新戦力も台頭する東洋大

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

5年ぶりの優勝を狙う東洋大の切り札、山本修二
5年ぶりの優勝を狙う東洋大の切り札、山本修二

 前回の往路を制して「大学駅伝3冠」を目指した今季、出雲2位、全日本3位と苦杯をなめたが、酒井俊幸監督は「地力は示せた」と評価する。

 強みは主軸の充実ぶりだ。エース山本修二(4年)は出雲、全日本の主要区間で3位と実力を示し、相沢晃(3年)も出雲1区2位、全日本8区区間賞と活躍した。前回箱根で1区区間賞の西山和弥(2年)が不安定だが、今季は日本選手権1万メートルで4位に入り、復調すれば他校の脅威となる。

 3本柱に続く主力も、着実に成長した。安定感ある小笹椋主将(4年)、出雲5、6区で区間賞の今西駿介(3年)、吉川洋次(2年)に加え、前回5区9位の田中龍誠(2年)も1万メートルの自己記録を大幅更新した。鈴木宗孝(1年)ら新戦力も台頭し、「王座奪還をしっかり狙っていく」と酒井監督。5年ぶりの頂点に立つ力は、十分にある。

53243 0 読み物 2018/11/15 12:07:00 2018/11/15 12:07:00 2018/11/15 12:07:00 第50回全日本大学駅伝で7区を走る東洋大の山本修二(4日)=泉祥平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181119-OYT8I50008-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ