10区(23.0キロ、鶴見→大手町)の記録

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 箱根駅伝復路の10区では、東海大のアンカー、郡司が一人旅を乗り切って悲願の総合初優勝を飾った。

 東洋大と8秒差でタスキを受けた青山学院大・鈴木がスタートから2キロ過ぎに東洋大・大沢を逆転して2位に入り、最後の意地を見せた。東海大と青山学院大は昨年までの大会総合タイムを更新した。

 往路優勝の東洋大は復路の不振で3位。4位の駒沢大は予選会からのシード権獲得。以下帝京大、法政大、国学院大、順天堂大、拓殖大、中央学院大までがシード権を獲得した。11位の中央大、12位の早稲田大の伝統校はともにシード権を逃した。

(順位、氏名、大学名、記録)

1、星岳、帝京大、1時間09分57秒

2、鈴木塁人、青学大、1時間10分10秒

3、郡司陽大、東海大、1時間10分12秒

4、大里凌央、城西大、1時間11分24秒

5、松岡涼真、拓大、1時間11分41秒

6、川崎新太郎、中大、1時間11分55秒

7、小沢直人、早大、1時間11分58秒

8、鈴木亮平、法大、1時間12分09秒

9、石綿宏人、中央学院大、1時間12分23秒

10、大沢駿、東洋大、1時間12分31秒

11、下史典、駒大、1時間12分33秒

12、中神文弘、大東大、1時間12分57秒

13、小中駿祐、国学院大、1時間13分06秒

14、鈴木雄人、順大、1時間13分15秒

14、片山優人、山梨学院大、1時間13分15秒

16、中川翔太、日体大、1時間13分20秒

17、金子智哉、日大、1時間13分32秒

18、内山涼太、東京国際大、1時間13分36秒

19、加藤直人、国士舘大、1時間14分07秒

20、佐久間勇起、神奈川大、1時間14分16秒

21、大森樹、上武大、1時間15分34秒

22、坂口裕之、明大、1時間18分45秒

OP、米井翔也、関東学生連合、1時間14分37秒

区間最高記録、松瀬元太、2007年 順大、1時間08分59秒

◎は区間新記録 

無断転載禁止
59679 0 読み物 2019/01/03 14:20:00 2019/01/03 14:20:00 2019/01/03 14:20:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ