かつて箱根駅伝ランナーを足止めすることもあった箱根登山電車

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 往路5区と復路6区の中ほどにある箱根登山電車の小涌谷踏切では、かつて車両通過とかち合ってランナーが足止めされる光景も見られたが、現在は状況を見ながら電車を一時的に止めてレースを優先させる運用が行われている。

 ただ今回は、2019年10月の台風19号の影響で、箱根登山鉄道の箱根湯本―強羅駅間(8・9キロ)は運休が続いており、代行バスが走っている。

 箱根登山鉄道は再開予定時期を「来年秋頃になる」としており、土砂崩れ対策を講じて新たな線路を設置し、被害が大きい場所には仮設の線路を敷くという。

無断転載禁止
977033 0 読み物 2019/12/31 06:00:00 2019/12/31 06:00:00 2019/12/31 06:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ