【箱根予選会】中央学院大、終盤2選手が低体温症で失速12位…19年連続逃す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 (スポーツ報知)◆報知新聞社後援 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)予選会(17日、東京・立川市陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース=21・0975キロ)

ゴール後、肩を落として歩く吉本光希(右)ら中央学院大の選手たち(スポーツ報知)
ゴール後、肩を落として歩く吉本光希(右)ら中央学院大の選手たち(スポーツ報知)

 厚い選手層で上位通過が見込まれていた常連校・中央学院大がまさかの12位敗退。19年連続22回目の出場を逃した。終盤、2選手が低体温症に陥り、失速したことが響いた。川崎勇二監督(58)は「私を含めてチーム全体に慢心があった。何とかなるだろう、と全員が思っていたら、何とかならなかった」と冷静に振り返った。前回の本戦では10位の東洋大と1分59秒差の11位で6年ぶりにシード権を逃し、現役学生にとっては初体験となる予選会で10位通過の専大と37秒差で涙をのんだ。箱根駅伝の厳しさを知る1年となった。

 筑波大は11位。前回、26年ぶりの本戦出場を果たした伝統校は次点で落選した。10位通過の専大とわずか18秒差。大会史上6番目の僅差の惜敗だった。前回1位通過した東京国際大より約13分も速く、前回6位だった自チームの記録を約19分も短縮したが、高速決着に一歩、及ばなかった。「高速になることは予想していたが、予想以上だった」と弘山勉監督(54)。9位の拓大と31秒差、8位の法大とも46秒差。「結果は受け止めますが、決して大差ではない。取り組みは間違っていない」と指揮官は再度の復活へ前を向いた。

無断転載・複製を禁じます
1564896 0 スポーツ報知 2020/10/21 11:53:00 2020/10/21 11:53:00 2020/10/21 11:53:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201020-OYT8I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ