3年連続補欠の東大選手、学連で最後の箱根挑戦

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 関東学生陸上競技連盟は17日、第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(来年1月2、3日=読売新聞社共催)に出場する関東学生連合チームの16選手を発表した。

 13日に行われた予選会の結果などを踏まえ、個人31位だった亜大の米井翔也(4年)、同42位だった麗沢大の国川恭朗やすあき(3年)らが選ばれた。4年連続で選ばれた東大の近藤秀一(4年)は、前回大会をインフルエンザで欠場するなど3年連続補欠で、今回出場すれば東大選手では14年ぶりとなる。

 監督は麗沢大の山川達也監督が務める。学生連合の選手は1校1人に限られ、本大会ではオープン参加でタイムは参考扱いとなる。

45045 0 箱根駅伝 2018/10/18 09:26:00 2018/10/18 09:26:00 2018/10/18 09:26:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ