文字サイズ

    青学大監督「過去最高」…箱根駅伝メンバー登録

     第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=読売新聞社共催)のチームエントリーが10日行われた。記念大会の今回、例年より2校多い23チームがメンバー16人を登録。史上3校目の5連覇と、初となる2度目の大学駅伝「3冠」を目指す青学大が充実し、全日本大学駅伝2位の東海大、前回往路優勝の東洋大が追う。予選会首位通過の駒大、前回総合3位ながら今季不振の早大も巻き返しを狙う。

     青学大は、1万メートル28分台の選手を9人そろえ、前哨戦の出雲全日本大学選抜駅伝と全日本で選手を使い分ける選手層を誇る。前回2区区間賞の森田歩希ほまれ主将(4年)、7区区間新記録の林奎介(4年)ら主力も順当に名を連ね、原すすむ監督は「過去最高と言っていい状態。10人を選ぶのに頭が痛い」と自信たっぷりだ。

    (ここまで344文字 / 残り639文字)
    2018年12月10日 20時28分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ