東洋大が2年連続の箱根往路優勝…2位に東海大

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

2年連続の往路優勝を決め、両手を広げゴールする東洋大の田中龍誠(2日、神奈川県箱根町で)=青山謙太郎撮影
2年連続の往路優勝を決め、両手を広げゴールする東洋大の田中龍誠(2日、神奈川県箱根町で)=青山謙太郎撮影

 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)は2日、東京・大手町の読売新聞社前から神奈川県箱根町の芦ノ湖駐車場入り口までの5区間107・5キロで往路が行われ、東洋大が5時間26分31秒の往路新記録で2連覇を果たした。2位は1分14秒差で東海大。総合5連覇を狙う青山学院大は東洋大と5分30秒差の6位だった。3日は箱根―東京間で復路が行われる。

58334 0 箱根駅伝 2019/01/02 18:17:00 2019/01/02 18:17:00 2019/01/02 18:17:00 箱根駅伝・5区、往路優勝を決め、ゴールする東洋大の田中龍誠(2日午後1時26分、神奈川県箱根町で)=青山謙太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190102-OYT1I50019-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ