追い上げ及ばず青学2位、3位東洋・4位駒大

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

笑顔でゴールテープを切る東海大の郡司陽大(3日午後、東京・大手町の読売新聞社前で)=吉岡毅撮影
笑顔でゴールテープを切る東海大の郡司陽大(3日午後、東京・大手町の読売新聞社前で)=吉岡毅撮影
2位でゴールした青学大アンカーの鈴木塁人(3日)=伊藤紘二撮影
2位でゴールした青学大アンカーの鈴木塁人(3日)=伊藤紘二撮影
3位でゴールする東洋大アンカーの大沢駿(3日)=伊藤紘二撮影
3位でゴールする東洋大アンカーの大沢駿(3日)=伊藤紘二撮影
4位でゴールする駒大アンカーの下史典(3日)=伊藤紘二撮影
4位でゴールする駒大アンカーの下史典(3日)=伊藤紘二撮影

 箱根駅伝は最終10区に入った。1位の東海大・郡司陽大(3年)は3分半のリードをもらい、初優勝に向かって順調な走り出し。3位でたすきをもらった青学大・鈴木塁人(3年)は先行した東洋大・大沢駿(2年)を捉え、2位に浮上した。鈴木はその後もハイペースで走り、東洋大を引き離した。

 シード権争いでは、早大と中大が11位に浮上し、10位拓大を追う展開となった。

 トップを走る東海大・郡司は、少し苦しそうな表情を浮かべながらも終盤までペースを保って快走。東京・大手町のゴールに飛び込み、東海大が悲願の初優勝を果たした。

 往路6位から逆転で5連覇を狙った青学大は驚異的な追い上げを見せたが2位。往路優勝の東洋大は3位でゴールした。4位は予選会から勝ち上がった駒大、5位は帝京大、6位は法大、7位は国学院大。

 8位順大、9位拓大、10位中央学院大までがシード権を獲得し、11位中大と12位早大は届かなかった。

無断転載禁止
58402 0 ニュース 2019/01/03 13:46:00 2019/01/03 13:46:00 2019/01/03 13:46:00 笑顔でゴールテープを切る東海大の郡司陽大(3日午後1時25分、東京・大手町の読売新聞社前で)=吉岡毅撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190103-OYT1I50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ