東海大が初の箱根総合優勝、青学の5連覇阻む

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

箱根駅伝で総合優勝し、胴上げされる東海大の両角速監督(3日午後、東京・大手町の読売新聞社前で)=守谷遼平撮影
箱根駅伝で総合優勝し、胴上げされる東海大の両角速監督(3日午後、東京・大手町の読売新聞社前で)=守谷遼平撮影
笑顔でゴールテープを切る東海大の郡司陽大(3日午後、東京・大手町の読売新聞社前で)=吉岡毅撮影
笑顔でゴールテープを切る東海大の郡司陽大(3日午後、東京・大手町の読売新聞社前で)=吉岡毅撮影

 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)は3日、神奈川県箱根町の芦ノ湖駐車場入り口から東京・大手町の読売新聞社前までの5区間、109・6キロで復路が行われ、往路2位の東海大が8区で東洋大を逆転し、大会新記録の10時間52分9秒で初の総合優勝を果たした。史上3校目の5連覇を狙った青山学院大は復路を制したが、往路6位と振るわなかったのが響き、総合2位だった。

 東洋大と1分14秒差でスタートした東海大は、8区の小松陽平(3年)が22年ぶりの区間新記録となる1時間3分49秒をマークして先頭に立ち、逃げ切った。最優秀選手(金栗かなくり杯)には小松が輝いた。

無断転載禁止
58406 0 ニュース 2019/01/03 19:23:00 2019/01/03 19:23:00 2019/01/03 19:23:00 箱根駅伝で総合優勝し、胴上げされる東海大の両角速監督(3日午後、東京・大手町の読売新聞社前で)=守谷遼平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190103-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP