「陸上界の世界遺産」となった「HAKONE」…小出氏、陸マガも選出

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

5月に吉報

記者発表会のあいさつでヘリテージプラーク選出について報告する有吉正博会長(12月10日)
記者発表会のあいさつでヘリテージプラーク選出について報告する有吉正博会長(12月10日)

 世界陸連(国際陸連から呼称変更)は、陸上界への顕著な貢献をたたえる「ヘリテージプラーク(遺産の飾り額)」を2018年から始めました。東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=読売新聞社共催)が今年、その「遺産」に選ばれました。箱根駅伝創設100周年となる2020年を目前に控え、関係者からは改めて喜びの声が上がっています。(読売新聞オンライン・斎藤明徳)

 ヘリテージプラークは、選手や指導者、競技大会、都市、文化など多彩な分野が対象となっており、世界陸連のホームページには今年11月21日付までの54件が掲載されています。2018年12月に、1932年ロサンゼルスオリンピックの三段跳びで金メダル、走り幅跳びで銅メダルを獲得した南部忠平氏ら12人がまず選出され、今年3~4月にボストンマラソンなど8件が追加されました。

 箱根駅伝は5月の第4弾(計11件)で選出。1895年創設というアメリカの競技会「ペン・リレー」や、名ランナーを多数輩出してきた地イテン(ケニア)などとともに名を連ねました。日本を代表する学生駅伝レースであり、「日本マラソン界の父として知られる金栗四三氏により1920年に始まった」と紹介されています。

 自身も箱根ランナーだった関東学生陸上競技連盟の有吉正博会長も感慨ひとしおといった様子です。師走になると、各チームのメンバー登録やそれに伴う記者発表会、各種イベントなどが行われますが、そうした節目の主催者あいさつで有吉会長は、ヘリテージプラークに「HAKONE EKIDEN」が刻まれたことをうれしそうに紹介しています。「いわば陸上競技の世界遺産。(箱根駅伝が)100年の歴史を数えるなかでの発表であり、世界陸連に認めていただいたとありがたく受け止めています」と述べています。

あの名指導者も

シドニー五輪女子マラソンで金メダルを獲得した高橋尚子さん(左)と喜び合う小出義雄さん(2000年)
シドニー五輪女子マラソンで金メダルを獲得した高橋尚子さん(左)と喜び合う小出義雄さん(2000年)

 今年は箱根駅伝以外にも日本関連で9月に2件の選出がありました。

 1件は、2000年シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子さんらを育てた名伯楽で、今年4月に80歳で亡くなった小出義雄さんです。

 小出さんも箱根路を走っています。順天堂大のランナーとして3度出場し、2年時には8区で区間3位となるなどしました。その一方、区間賞を狙った4年時には故障で欠場を余儀なくされたといいます。箱根駅伝第90回大会を控え読売新聞が13年に連載した「(たすき)のメモリー」の中で、小出さんは挫折をバネに指導者として精進を重ねていった心境をこう述べています。「一番悔しい思い出だけど、あの故障があって、どうしたら本番にしっかり走れるのか考え続け、それが、指導に生きたんだよ」

 小出氏と箱根駅伝の絆は「箱根から世界へ」の精神を思い起こさせます。

老舗雑誌はついに1000号到達

 2件目は、1951年創刊の「陸上競技マガジン」(ベースボール・マガジン社)です。今月13日に発売された2020年1月号でついに1000号に到達。中面で創刊号と100号ごとの表紙を掲載し、編集長が、ヘリテージプラークに選出された際の裏話を披露しています。

 同誌によると、増刊号の「大学駅伝」などもカウントされているといい、今月発売の「箱根駅伝2020完全ガイド」が999号。栄えある1000号の表紙では、誌面を彩った陸上界のスター選手とともに、今回の箱根駅伝で5強とされる大学の選手たちの雄姿も掲載されています。

「HAKONE」出場者の飛躍に期待

 「ヘリテージプラーク」には今後も日本勢の選出が予想され、日本陸上界が紡いできた様々な偉業にスポットライトが当たっていくのでしょう。箱根駅伝の1ページも未来の「ヘリテージプラーク」につながっているかもしれません。

 実際、箱根駅伝の経験者では、東洋大出身の設楽悠太、早稲田大出身の大迫(すぐる)が相次いで男子マラソンの日本記録を更新。20年東京五輪のこの種目で駒沢大出身の中村匠吾(しょうご)、東洋大出身の服部勇馬が代表に内定するなど、ますますの飛躍が期待されています。

 第96回は「ヘリテージプラーク」の祝福を受けて迎える最初の箱根駅伝であり、東京オリンピックイヤーの幕開けを飾る大会でもあります。箱根ランナーたちの奮闘が今から楽しみです。

無断転載禁止
962761 0 ニュース 2019/12/20 17:30:00 2019/12/21 14:18:06 2019/12/21 14:18:06 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191219-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ