第96回箱根駅伝 コース紹介と通過予想時間

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

【1月2日】

1区 東京大手町~鶴見中継所(21・3Km)

大手町をスタートする選手たち(2019年)
大手町をスタートする選手たち(2019年)

 午前8時に大手町読売新聞東京本社前をスタート。チーム屈指のスピードランナーが集団の中で慎重な駆け引きを繰り広げる。抜け出す勝負所は品川の新八ツ山橋上りか、都県境の六郷橋下りか。

08:10 増上寺(東京都港区)
08:20 品川駅(東京都港区)
08:44 京急蒲田踏切跡(東京都大田区)
09:02 鶴見中継所

2区 鶴見中継所~戸塚中継所(23・1Km)

 最も距離が長い「花の2区」。13キロからの権太坂や戸塚中継所までラスト3キロの上り下りなど走者の力量が試される。各校の精鋭が激戦を繰り広げ、「ごぼう抜き」がみられることも。

09:10 大黒町入口交差点(横浜市鶴見区、京急生麦駅)
09:29 京急戸部駅(横浜市西区)
10:00 横浜新道合流点
10:09 戸塚中継所

2区の難所、権太坂で競り合う本川(順天堂大)と櫛部(早稲田大)(1992年)
2区の難所、権太坂で競り合う本川(順天堂大)と櫛部(早稲田大)(1992年)

3区 戸塚中継所~平塚中継所(21・4Km)

 前半は約9キロの緩やかな下り坂が続き、街を抜けて11キロ過ぎ国道134号線に出ると富士山を正面に、相模湾を左手に望む景勝地。向かい風と、晴れていれば強い日差しがランナーを苦しめる。

10:14 原宿交差点(横浜市戸塚区)
10:23 遊行寺坂上バス停(藤沢市)
10:43 浜須賀交差点(茅ヶ崎市)
11:11 平塚中継所

4区 平塚中継所~小田原中継所(20・9Km)

 93回大会より往路の小田原中継所が箱根寄りに移り、4区が延長されたが平地区間では最短のコース。10の橋を通過するなど細かなアップダウンが続く複雑なコース。山登りの5区にいかにうまくつなぐかという意味で重要な区間。

11:15 大磯駅入口(大磯町)
11:25 大磯警察署(大磯町)
11:55 連歌橋交差点(小田原市)
12:13 小田原中継所

5区 小田原中継所~箱根芦ノ湖畔(20・8Km)

今年も新たな「山の神」が降臨するか(2013年の日体大・服部と早稲田大・山本)
今年も新たな「山の神」が降臨するか(2013年の日体大・服部と早稲田大・山本)

 標高874メートルまで一気に駆け上がる曲がりくねった急な坂道でお屠蘇気分の湯治客らが声援を送る。難所の連続の上りを終えると16・2キロの最高地点から箱根神社大鳥居に向けて一気に下る。今年も新たな「山の神」が降臨するか。

12:25 函嶺洞門バイパス(箱根町)
12:39 大平台バス停(箱根町)
12:53 小涌園(箱根町)
13:25 箱根町芦ノ湖駐車場(往路ゴール)

【1月3日】

6区 箱根芦ノ湖畔~小田原中継所(20・8Km)

 午前8時、往路のタイムに合わせた時差でスタート。冷え込みの厳しい山中だけに、急カーブを高速で駆け下りるコース取りの技術が問われる。

08:25 小涌園(箱根町)
08:33 宮ノ下駅(箱根町)
08:47 函嶺洞門バイパス(箱根町)
08:58 小田原中継所

7区 小田原中継所~平塚中継所(21・3Km)

 山から吹き下ろす風と正面からの日差しで最も気温差が激しくなりやすいと言われる区間。細かなアップダウンも多く、ペース配分が勝負のカギ。順位争いもいよいよ佳境に入る。

09:06 小田原市民会館
09:18 小田原東高校前
09:41 槙ノ木交差点(大磯町)
10:00 平塚中継所

8区 平塚中継所~戸塚中継所(21・4Km)

富士山をバックに力走する8区の選手(2018年)
富士山をバックに力走する8区の選手(2018年)

 箱根山中につぐ難所。遊行寺の急な上り坂がランナーをスタミナを奪う。復路中盤の勝負区間で、繰り上げスタートも気になるところ。

10:08 高浜台交差点(平塚市)
10:29 常盤町交差点(茅ヶ崎市)
10:44 南仲通りバス停(藤沢市)
11:04 戸塚中継所

9区 戸塚中継所~鶴見中継所(23・1Km)

 覇権争いがかかるこの区間には2区同様、エース級の選手が集まる。大逆転の舞台となることも多く、鶴見でのたすきリレーまで目が離せない。

11:13 横浜新道分岐点
11:34 東伸橋交差点(横浜市保土ヶ谷区)
11:52 神奈川警察署(横浜市神奈川区)
12:14 鶴見中継所

10区 鶴見中継所~東京大手町(23・0Km)

都県境にかかる六郷橋(2014年、本社ヘリから)
都県境にかかる六郷橋(2014年、本社ヘリから)

 いよいよ最終区。多摩川にかかる六郷橋を渡り、都内を駆け抜けて馬場先門から鍛冶橋通りを抜け、大声援の中、大手町読売新聞社前のゴールへ。優勝争い以上に熾烈とも言われるシード権争いも見逃せない。

12:23 六郷橋(都県境、多摩川)
12:44 南大井歩道橋(東京都品川区)
13:21 日本橋(東京都中央区)
13:25 読売新聞東京本社(復路ゴール)

大声援を受けて日本橋を駆け抜ける選手。ゴールはもうすぐだ(2016年)
大声援を受けて日本橋を駆け抜ける選手。ゴールはもうすぐだ(2016年)

 熱い走りを応援しましょう!
・箱根駅伝コースガイドはこちら

無断転載禁止
977099 0 ニュース 2019/12/30 06:00:00 2019/12/30 06:00:00 2019/12/30 06:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191227-OYT1I50075-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ