[箱根駅伝]9区で区間賞の青学・神林「心の底からうれしい」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

青学大9区の神林勇太(左)は区間賞の走りでタスキリレー(3日)=大原一郎撮影
青学大9区の神林勇太(左)は区間賞の走りでタスキリレー(3日)=大原一郎撮影

 箱根駅伝の9区は青学大の神林勇太(3年)が1時間8分13秒で区間賞を獲得した。2008年に篠藤淳(中央学院大)が作った記録にあと12秒と迫る好タイムだった。

 神林は「本当に、心の底からうれしい」と笑顔を見せた。原晋監督からは「自分のリズムで落ち着いて走れ、途中からは区間記録も狙える」などと声をかけられていたそう。10区の湯原慶吾(2年)については「強い選手。自信を持って走れば間違いなく、トップでゴールテープを切ってくれると思う」と期待していた。

無断転載禁止
981464 0 ニュース 2020/01/03 12:47:00 2020/01/03 12:54:47 2020/01/03 12:54:47 鶴見中継所で青学大9区の神林勇太(左)からタスキを受けるアンカーの湯原慶吾(3日午後0時13分)=大原一郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200103-OYT1I50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ