[箱根駅伝]初シードの創価大、嶋津雄大が目の難病乗り越え区間新

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2、3日に行われた第96回箱根駅伝で、3度目の出場だった創価大が9位に入り、初めてのシード権を勝ち取った。11位でタスキを受けたアンカーの嶋津雄大(2年)が2人を抜き去り、10区新記録の快走。優勝争いに劣らない注目を集めるシード権争いの主役を演じてチームを躍進に導くとともに、目の持病にも打ち勝った。(塩見要次郎)

ゴールテープを切る創価大の嶋津雄大
ゴールテープを切る創価大の嶋津雄大

アンカーで2人抜き、足つりかけながら激走

 シード圏内の10位まで、鶴見中継所では55秒の差があった。嶋津は、一心不乱に念じていた。「ピンチで勝つのが物語の主人公。緊張感と不安が襲ってきたが、それに勝ってこそ主人公。10位とかなり差があるけど、追うしかない」。最初から一気にスピードを上げた。

 トラック種目の自己記録は1万メートルが29分15秒71で、ハーフマラソンは1時間4分16秒。チーム内では「ホープ」といった立ち位置で、エース格とまでは呼べない嶋津に、榎木和貴監督は「最初は抑えながら行こう」と後半勝負を見据えた指示を出していた。想定外のハイペースに、監督は「5000メートルの自己記録更新でも目指しているのか」と焦ったが、腹をくくって2年生の勇気と勢いに任せた。

 そんな嶋津は、7キロ付近で早くもピンチに陥っていた。「左太ももがペキッときた」。にもかかわらず、スピードを落とさないまま、23.0キロの長丁場を駆け抜けた。まず、5年続けてシード権を確保してきた中央学院大を抜く。さらに終盤、優勝候補の一角に挙げられていた東洋大をも抜き去った。「いつ(左足を)つるのではと、怖かった。最後もつりかけながら走ったけど、走り切れた」

 仲間が待つ大手町のゴールに飛び込んだ瞬間は、喜びだけでなく安堵(あんど)感もこみ上げてきた。タイムは1時間8分40秒。榎木監督の想定タイムより2分も速かったばかりか、2007年の83回大会で松瀬元太(順天堂大)が出した従来の区間記録を19秒更新した。

冬の集団走は参加できず、個人練習も体育館で

歓喜のゴール後、仲間に迎えられる嶋津
歓喜のゴール後、仲間に迎えられる嶋津

 嶋津は大きなハンデを抱えた選手だ。網膜色素変性症という難病で、暗い所で物が見えにくい「夜盲(やもう)」という症状がある。

 冬場、チームはロードでの集団走の練習を、夜明け前から始める。これには参加できないため、明るい照明をつけたトラックまでマネジャーに連れて行ってもらって走る。個人練習は、体育館の中の200メートルトラックで走り込む。そんな環境にも、本人は決して下を向かない。

 「中学、高校では、一人寂しく短い廊下を行ったり来たりという練習だった。あの頃は、どうしても冬場にみんなよりも走行距離が落ちていた。でも、今は大学からのサポートがあるから、環境が整ったところで、みんなの協力を得て練習できている。ハンデと言えば、そうかもしれないけれども、むしろ精神力が養われている気がする」

 たくさんの人々に支えられたランナーの、期待に応えようという強い思いが、爆発力を生み出した。困難を乗り越えての激走で、多くの箱根駅伝ファンの胸を打った。

無断転載禁止
989948 0 ニュース 2020/01/08 16:00:00 2020/01/08 17:15:05 2020/01/08 17:15:05 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200108-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ