箱根駅伝で「強い東洋」取り戻す…昨季の不振から復活、西山和弥(東洋大4年)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 男子大学生の陸上長距離が駅伝シーズンへの準備を進めている。今季は新型コロナウイルスの影響で、10月の出雲全日本大学選抜駅伝など大会中止が相次ぐが、選手たちの意欲は衰えず、開催が予定される11月1日の全日本大学駅伝を経て、来年1月2、3日の第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=読売新聞社共催)に臨む。好調なチームのキーマンを紹介する。

大迫傑の合宿に参加…誓う区間賞奪還

昨季の不振から復調してきた東洋大の西山和弥
昨季の不振から復調してきた東洋大の西山和弥

 不振のトンネルを抜け出した。日本学生対校選手権1万メートルで持ち味の攻めの姿勢を封印し、「5000メートルを14分20秒で通過し後半粘る」走りに徹した。先頭から遅れた選手を次々抜き、日本人2番手の5位。「しっかり練習ができていたので、すごく自信になった」

 1、2年の箱根駅伝で1区区間賞。しかし、昨季は股関節の故障を抱え、苦しい走りが続いた。箱根では1区14位と出遅れ、チームも総合10位。「全てのレースを間に合わせで何とか走ったという状況で、自信も失っていた」と振り返る。

 コロナ禍で活動自粛が続いた春先は地元群馬でリハビリに専念。夏にはマラソン日本記録を持つ大迫傑(ナイキ)主催の合宿に参加し「練習に臨む姿勢にすごく刺激を受けた」。準備やダウンに費やす時間を増やし、復調に結びつけた。

 「駅伝では主力として区間賞を取り、もう一度強い東洋を取り戻す」。固い決意で、強豪の復権に挑む。(西口大地)

無断転載・複製を禁じます
1499713 0 ニュース 2020/09/25 05:00:00 2020/09/25 16:06:32 2020/09/25 16:06:32 箱根駅伝特集用 男子10000メートル決勝で力走する東洋大の西山和弥(11日、デンカビッグスワンスタジアムで)=関口寛人撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200924-OYT1I50106-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ