「いい結果出せて自信ついた」箱根駅伝予選会、順大1年・三浦が日本人トップ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 17日の箱根駅伝予選会(東京・陸上自衛隊立川駐屯地=ハーフマラソン21・0975キロ)で1位通過を果たした順天堂大を引っ張ったのは、外国人留学生を除く日本勢でトップでゴールしたスーパールーキー、三浦龍司だった。

ライバル吉居ら後半に抜く U20日本記録

日本勢トップでゴールする順大の三浦龍司(17日)=沼田光太郎撮影
日本勢トップでゴールする順大の三浦龍司(17日)=沼田光太郎撮影

 レース前半は後方で力をためてチャンスをうかがい、後半に入って加速。同じ1年生ライバルの逸材、吉居大和(中央大)らの日本人集団をとらえて、最後に一気に抜き去った。トップの留学生選手の集団からは1分以上遅れたものの、全体5位だ。1時間1分41秒のタイムはU20(20歳以下)のハーフマラソン日本最高記録。「いい結果が出せて自信がついた」と喜んだ。

 大学初陣だった7月のホクレン・ディスタンスチャレンジ千歳大会で会場の度肝を抜いた。3000メートル障害で日本記録へ0秒44差に迫る、歴代2位の8分19秒37をマーク。対象期間外ながら東京五輪の参加標準記録8分22秒00を上回った。

 京都・洛南高の出身。リオデジャネイロ五輪代表のOB塩尻和也(富士通)に憧れて順大に入り、「3000メートル障害だけでなく、ロードでも学生ナンバーワンと言われた塩尻さんのようなオールラウンダーを目指す」と誓う。

 この日の予選会に向けて、今夏は「高校時代の倍近い」月間800キロ超を走破した。「トラックで五輪に出場し、ロードは箱根優勝が最大の目標」。スーパールーキーは大きな夢を描く。

 予選会には46チームが出場。新型コロナウイルス感染拡大の防止のために無観客で行われ、各校上位10人の合計タイムで、本大会出場の10枠を争った。

無断転載・複製を禁じます
1555473 0 ニュース 2020/10/17 11:08:00 2020/10/18 19:27:30 2020/10/18 19:27:30 箱根駅伝予選会を日本人1位でゴールする順天堂大の三浦龍司(17日午前10時36分、東京都立川市で)=沼田光太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201017-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ