箱根優勝14回の中大、2位で予選通過…「本大会は全員で勝ちにいく」池田主将

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

箱根駅伝予選会でチームメートと走る中央大の池田勘汰主将(中央)(17日午前10時7分、東京都立川市で)=沼田光太郎撮影
箱根駅伝予選会でチームメートと走る中央大の池田勘汰主将(中央)(17日午前10時7分、東京都立川市で)=沼田光太郎撮影

 17日に陸上自衛隊立川駐屯地(東京都立川市)で行われた東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の予選会で、中央大が2位で通過し、4年連続94回目の本大会出場を決めた。今年は創部100周年を迎え、優勝14回を誇る名門も、近年は思うような成績を残せていない。池田勘汰主将(4年)は「本大会では復活をアピールしたい」と意気込んでいる。

 中央大は2016年、予選会で11位に沈み、本大会の連続出場記録が87回でストップした。池田主将ら現在の4年生は、翌17年4月に入学。同年の予選会を通過したが、その後も本大会で10位以内に入ったことはなく、シード権は取り戻せていない。池田主将は3年連続で本大会を走ったが、「落ちるところまで落ちて、その後も悔しい思いをし続けてきた」と振り返る。

 最後の箱根路に挑む今回は、新型コロナウイルス感染防止のため、合宿は自粛せざるを得なくなり、一時は寮から多くの選手が帰省。池田主将は「こういう時だからこそ、チームは一つにならなきゃいけない」と呼びかけ、選手たちはLINEで練習メニューを共有し、士気を維持した。大会も相次いで中止になったが、練習量の不足を取り戻そうと、夏以降は東京都八王子市の大学周辺で、起伏を利用して走り込んできた。

 今年のチームには、1万メートルで大学トップクラスの記録である28分台をマークした選手が6人いる。池田主将はこの6人に次ぐタイムで「他のメンバーも強く、誰にいつ追い越されてもおかしくない」と危機感とともに手応えを感じている。

 「本大会では全員で勝ちにいき、シード権を上位で獲得したい」と力強く語った。

無断転載・複製を禁じます
1555689 0 ニュース 2020/10/17 14:47:00 2020/10/17 18:59:44 2020/10/17 18:59:44 箱根駅伝予選会で力走する中央大の池田勘汰選手(中央)(17日午前10時7分、東京都立川市で)=沼田光太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201017-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ