古豪復活目指した筑波大、「箱根路」に18秒及ばず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)は17日、陸上自衛隊立川駐屯地でハーフマラソン(21・0975キロ)による予選会が行われた。年明けの本大会に出場するチームが出そろい、予選通過ラインの10校に一歩及ばない11位で涙をのんだチームは筑波大となった。10位・専修大とのタイム差は、わずか18秒だった。

 箱根駅伝の初代優勝チームでもある筑波大。今年の正月に26年ぶりで箱根路を走り、古豪復活の第一歩を踏み出した。コロナ禍の今季は夏場から練習を再開、箱根駅伝の創始者として知られるOB・金栗四三の出身地・熊本県で合宿を積んだ。予選会を6位で突破した昨年に続く、2年連続の本大会出場を目指してきた。

 この日、主力の4年生コンビは存分に実力を発揮した。猿橋拓己(4年)が日本人選手全体で2番手となる6位、エースの西研人(4年)が9位。個人で1桁順位に複数の選手が食い込んだチームは筑波大だけだ。しかし、チームの上位10選手の合計タイムでは及ばなかった。

 弘山勉監督は「突破できなかったが、筑波大が本気で頑張っている姿は見せられたと思う。一つ増えた経験をまた生かしながら、これからも学生を育てていく」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1555567 0 ニュース 2020/10/17 12:44:00 2020/10/18 19:27:32 2020/10/18 19:27:32

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ