箱根駅伝が来年1月2、3日に予定通り開催…沿道での応援なし

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 関東学生陸上競技連盟は5日、第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=読売新聞社共催)を予定通り来年1月2、3日に開催すると発表した。コースは例年通り、東京・大手町の読売新聞社前から神奈川県箱根町の芦ノ湖駐車場入り口を往復する10区間217・1キロで行う。

 今回は新型コロナウイルス感染防止対策として、出場チームや運営スタッフを含む大会関係者は、大会前2週間の体調、体温を記録し、異常がないことを確認した上で参加する。

 応援団や保護者を含む各大学の関係者には、沿道での応援について強く自粛を求める。コース周辺の住民を含む一般向けには、発着点や中継所、沿道での応援、観戦を控えてもらうよう呼びかけるという。

 関東学連の有吉正博会長は「選手を応援する熱い気持ちは、コース沿道から離れていても届きます。駅伝ファンの皆さまには、今回はテレビなどを通しての応援を頂ければと思います」とのコメントを出した。

無断転載・複製を禁じます
1604192 0 ニュース 2020/11/05 15:09:00 2020/11/05 18:41:18 2020/11/05 18:41:18

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ