黄金世代抜けても全日本2位の東海大、新戦力も台頭…箱根駅伝・戦力分析

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=読売新聞社共催)が来年1月2、3日に行われる。全日本大学駅伝を制した駒沢大、前回王者の青山学院大、2年ぶりの王座奪還を目指す東海大の「3強」を軸に優勝争いは混戦模様で、伝統校の明大や早大、予選会首位通過の順大も上位進出をうかがう。コロナ禍で出雲全日本大学選抜駅伝が中止となった中、全日本の結果などから東海大の現状を探った。

東海大の主軸を担う塩沢稀夕
東海大の主軸を担う塩沢稀夕

チーム内競争激化、雪辱期す

 黄金世代と呼ばれた前4年生が抜け、戦力低下もささやかれた今季、全日本ではゴール目前まで駒大との優勝争いを演じて2位。選手層の厚さを改めて印象づけた。

 総合2位で連覇を逃した前回箱根のメンバーから6人が卒業し、チーム内の競争が活発化。2年連続5区を務めた西田壮志(4年)は「下級生の上級生に勝ちたいという気持ちが練習から強く表れ、雰囲気が盛り上がっている」と語る。

 全日本では4区で1年生の石原翔太郎が、6区では箱根未経験の長田駿佑(3年)がともに新記録の区間賞。主軸の3区塩沢稀夕きせき(4年)が区間2位、8区の名取燎太(同)も同3位と力を示し、2区で17位だった劣勢を巻き返した。

 「出場したメンバーも、補欠に回った選手たちもよく力をつけている」と両角もろずみはやし監督。充実の戦力で、箱根路での雪辱に挑む。(西口大地)

無断転載・複製を禁じます
1616176 0 ニュース 2020/11/11 05:00:00 2020/11/11 12:26:51 2020/11/11 12:26:51 陸上・日本学生対校選手権最終日。男子5000メートルで力走する塩沢稀夕(東海大)。新潟市中央区のデンカビッグスワンスタジアムで。2020年9月13日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201110-OYT1I50079-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ