読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

あえてV宣言の明治大、ルーキー好走の神奈川大…箱根駅伝 つなぐ<4>

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「エース不在」で底上げ…明大

安定感のある走りで上位を狙う明大の選手たち
安定感のある走りで上位を狙う明大の選手たち

 6位だった前回経験者8人がエントリーした。ただ、山本佑樹監督は「新しい戦力が出てくることを望んで、競争だと言い続けてきた」とこの1年を振り返る。

 前回7区で区間新の走りを見せた阿部弘輝(住友電工)が卒業。穴を埋めようと、山本監督は「エースは誰だ」と選手に問い続けた。主将の前田舜平(4年)は「みんなが次のエースは自分と思って練習し、選手層は厚くなった」と話す。

 成果が出たのは11月の全日本大学駅伝。前回箱根王者の青学大を抑え、3位に躍進した。小袖英人ひでと(4年)、手嶋杏丞きょうすけ(3年)ら上級生が期待通りの走りを見せたほか、1年生の児玉真輝も1区でトップと8秒差の5位。全選手が1桁台の区間順位で走りきった。状態が上がらず出場しなかった前田主将も「ほかに走れる選手が出てきたのはうれしい」とチーム力の向上を実感したという。

 箱根では「5位以内」と現実的な目標を掲げるが、それは「浮足立たないようにという戒めを込めて」と前田主将は言う。全日本後に山本監督は「優勝」の2文字を口にするようになった。確かに頂点をうかがう勢いはある。

高橋・宇津野・佐々木のトリオに勢い…神奈川大

呑村大樹
呑村大樹
高橋銀河
高橋銀河

 コロナ禍の影響もあり、大後栄治監督は「変わり目の年」と位置付けてきたが、箱根の予選会でうれしい誤算があった。成長を促してきたルーキーの活躍だ。

 4位通過した予選会では、チームトップで個人17位の呑村のみむら大樹(3年)、同26位の井手孝一(4年)が仲間を引っ張ったが、続いたのが3人の1年生だった。高橋銀河と宇津野篤が1時間2分台、佐々木亮輔が1時間3分3秒をマーク。チーム3~5番手の好成績に大後監督も「まさか上級生を抑えるとは」と驚き、「本大会もあてにはしないが、期待はしている」とにやりと笑う。

 今春、横浜市内のグラウンドに新たなトラックが完成した。練習場を転々としていた昨年と比べ、「自分たちの練習に集中できる状態になった」と北崎拓矢主将(4年)は話す。

 恵まれた練習環境を手に入れ、躍進を目指す今大会。上級生の堅実な走りに成長株の勢いが加わったことで、4大会ぶりのシード権獲得も現実味を帯びてきた。(脇西琢己)

無断転載・複製を禁じます
1703563 0 ニュース 2020/12/16 05:00:00 2020/12/17 13:26:33 2020/12/17 13:26:33 安定感のある走りで上位を狙う明大の選手たち https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201216-OYT1I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)