読売新聞オンライン

メニュー

西山と吉川がカギ握る東洋大、総合「10位相当」狙う学生連合…箱根駅伝 つなぐ<6>

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

宮下で山登りは盤石、再びV争いへ…東洋大

箱根駅伝を見据え、練習に励む東洋大の選手たち
箱根駅伝を見据え、練習に励む東洋大の選手たち

 近年優勝争いの常連だった強豪が、前回はまさかの10位と低迷。11年連続総合3位以内の好成績がついに途切れたが、酒井俊幸監督は「だからこそ、思い切って東洋大をもう一回作り直したいと思って、この1年やってきた」と振り返る。

 2区の区間記録を11年ぶりに更新した相沢晃(旭化成)ら力のある4年生に頼りきりだった昨季のチームを顧みて、今季は一人一人に自立を求めた。ミーティングは選手主体に転換。フィジカル面の強化や食育についても個別性をより高め、自ら考えて成長する姿勢やチームを担う自覚を促した。

 11月の全日本大学駅伝は、6区で区間5位の腰塚遥人(3年)やルーキー松山和希ら新戦力の台頭で、6位と健闘。今回、調子が今一つの箱根経験者3人を登録メンバーから外したのは、さらなる底上げが進んだ証しと言える。

 5区に前回新記録で区間賞に輝いた宮下隼人(3年)を擁する強みもあり、あとは昨季故障に苦しんだ西山和弥と吉川洋次ひろつぐの実績豊富な4年生コンビが浮沈のカギを握る。「最後の箱根で、しっかりチームに恩返ししたい」と西山。1区区間賞2度の実力者が本領発揮して、優勝戦線復帰への起爆剤となるか。

難波がエース、杉浦がキャプテン…関東学生連合

 チームの予選会記録上位10人を合計すれば、順大、中大に次ぐ3位に相当する。選手たちが定めた「総合10位以内相当」という目標も決して高いと感じさせない顔ぶれがそろった。

難波天(麗沢大)
難波天(麗沢大)
杉浦慧(慶大)
杉浦慧(慶大)

 1時間1分47秒で個人11位に入った難波たかし(麗沢大4年)を筆頭に、村上航大こうだい(上武大2年)、高槻芳照(東農大1年)ら5人が1時間2分台。1区希望の難波は「しっかり強い選手と競り合い、目標達成に貢献したい」と語る。

 混成チームをまとめる主将は、慶大で3年生ながら主将を務める杉浦けいに任された。コロナ禍で例年よりも合宿などで集まる機会が少ない中、オンラインミーティングを積極的に活用し、「互いを知り、個々の強みを最大限に発揮できるチームを作る」と心を砕いた。

 弘山勉監督(筑波大)は、学生連合で箱根路を走った自校の選手が仲間を刺激し、昨年26年ぶりの予選通過を果たした体験談をメンバーに伝え、「大きな経験や興奮を持ち帰り、来年の予選会突破に向けたエネルギーに変えてほしい」と願っている。(西口大地)

無断転載・複製を禁じます
1708819 0 ニュース 2020/12/18 05:00:00 2020/12/21 17:10:08 箱根駅伝を見据え、練習に励む東洋大の選手たち(9日午前11時43分、千葉県富津市で)=沼田光太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201217-OYT1I50084-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)