読売新聞オンライン

メニュー

三浦ら新戦力台頭する順天堂大、コロナ禍の空中分解乗り越えた法政大…箱根駅伝 つなぐ<10>

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

予選会圧勝を経て上級生も奮起…順大

上位進出を狙う順大の選手たち
上位進出を狙う順大の選手たち

 長門俊介監督は「下級生は勢いがあり、上級生は安定した力がついてきている」と、チーム力の底上げに手応えを感じている。

 予選会では6人の1、2年生が好走し、他校を寄せ付けない圧勝の原動力となった。一方で、16人のエントリーでは11人の3、4年生が名を連ねた。主将の清水颯大そうだい(4年)が「このままじゃ箱根のメンバー争いにも入れないと上級生が感化されてきた」と話すように、特に夏以降はチーム内の競争が激しくなったという。

 今季3000メートル障害日本歴代2位の記録をマークし、全日本大学駅伝1区で区間新記録を出したルーキーの三浦龍司は、右太ももの打撲で12月4日の日本選手権を欠場。心配された箱根路に向けては「けがをする前の状態に戻ってきている」と語り、問題はなさそうだ。

 前回大会は1区で18位と出遅れ、レースの流れに乗れないまま総合14位に沈んだ。その1区での起用可能性もある三浦を始め、同じ1年生の石井一希、「圧倒的に伸びた」と長門監督が評価する野村優作(2年)ら新戦力の台頭は著しい。

 上位校に食らいつき、目標の5位以内に割って入りたい。

強豪校との練習で得た自信…法大

川上有生
川上有生
鎌田航生
鎌田航生

 前回走った4年生5人が抜け、チーム力アップが急務だった。コロナ禍で恒例の夏合宿を行えず、「一度チームが空中分解したような状態」(坪田智夫監督)にも陥ったが、予選会に向けて結束を強めていったという。結果は8位。1年時から箱根路を走る鎌田航生こうき(3年)を筆頭に、全員が堅実にレースを運んで箱根路への切符をつかんだ。

 夏以降、実力を試すハーフマラソンなどの大会が相次いで中止になったため、11月には国学院大、帝京大と合同練習会を実施。実戦に近い20キロ走で、強豪の有力選手と互角に渡り合えたという川上有生ゆうき(2年)は「全日本大学駅伝の区間上位の選手ともやりあえたのは収穫」と自信を深めた。松本康汰ら2年生も着実に力をつけている。

 予選会はチーム10番手まで全員3年生以下だった一方、5人の4年生がエントリー。主将の糟谷勇輝(4年)は「4年生が一人でも多く走って引っ張りたい」と意気込む。(今井恵太)

無断転載・複製を禁じます
1718573 0 ニュース 2020/12/22 05:00:00 2020/12/22 12:16:48 上位進出を狙う順大の選手たち=今井恵太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201221-OYT1I50112-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)