読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

雌伏の時経て集大成…名取燎太(東海大4年)箱根駅伝エースの群像

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)は来年1月2、3日、東京・大手町の読売新聞社前から箱根・芦ノ湖までを往復する10区間217・1キロで行われる。返り咲き優勝を狙う前々回王者・東海大の名取燎太(4年)ら、チーム浮沈のカギを握る強豪校のエースランナーを紹介する。

王座奪還をかける東海大の名取燎太
王座奪還をかける東海大の名取燎太

全日本でデッドヒート、箱根路での雪辱誓う

 全日本は駒大・田沢とのアンカー勝負に敗れたが、約18キロにわたって背中につかれても全く引かない決然とした走りが印象を残した。「あそこで勝ち切れるのが本当のエース」。最後の箱根路で雪辱を目指す。

 長野・佐久長聖高3年時に、全国高校駅伝の1区で区間賞。同学年のトップ選手として進学したが、最初の2年は故障の連続で試合出場もままならなかった。

 2年の秋、両角もろずみはやし監督から「再生工場」と称した個別メニューを提案され、約3か月間、ウォーキングや1キロ5分を超えないスローペースのジョギングで我慢強く脚作りに励んだ。「あの期間があったから、今の自分がある」。3年目の全日本では、最終8区区間2位で逆転優勝を決め、完全復活を果たした。

 前回箱根は4区2位ながら、区間1位だった青学大の吉田祐也(GMOインターネットグループ)に1分7秒差をつけられ、敗戦の責任を背負った。「最後の箱根で挽回する走りをしたい」。集大成の舞台での完全燃焼を誓う。(西口大地)

無断転載・複製を禁じます
1740526 0 ニュース 2020/12/31 17:10:00 2020/12/31 20:23:54 2020/12/31 20:23:54 来年の箱根駅伝に向け練習する東海大の名取燎太。千葉県富津市で。2020年11月28日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201231-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)