読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ラストレースに魂込めて…神林勇太(青山学院大4年)箱根駅伝エースの群像

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)は来年1月2、3日、東京・大手町の読売新聞社前から箱根・芦ノ湖までを往復する10区間217・1キロで行われる。連覇に挑む青山学院大の神林勇太(4年)ら、チーム浮沈のカギを握る強豪校のエースランナーを紹介する。

連覇を狙う青学大の主将を務める神林勇太
連覇を狙う青学大の主将を務める神林勇太

前回9区で区間賞、タイムでは語れぬ強さ

 これが最後の駅伝と決めている。「(中学生で)競技を始めたきっかけが箱根駅伝だった。ここで活躍したいと夢を追いかけてきた。どんな結果であれ、未練はない」。卒業後は競技に区切りをつけるだけに、箱根路にかける思いはこれまで以上に強い。

 1万メートルの自己記録は29分台にとどまるが、駅伝で強さを発揮してきた。3年では出雲4区と箱根9区で区間賞。今季の全日本大学駅伝も7区で5人抜きを演じ、留学生らを抑えた。「スマートに走るタイプではないが、気持ちが入った走りができている」と自己分析する。

 前回箱根9区での区間賞については、「ほぼ勝負が決していて、先輩に優勝させてもらった」と満足はしていない。理想の走りは、2014年大会の1区を制した日体大の山中秀仁ひでと。高速レースの末、早大の大迫すぐるらをねじ伏せた姿が目に焼き付いた。主将として臨む今大会は、どの区間を任されても「最後に勝ちきる走り」を目指す。

 激戦が予想される本番を前に「王者のプライドもあれば、挑戦者という気持ちもある。最後の箱根に全てをぶつけたい」。2連覇で自身の集大成を飾るつもりだ。(平野和彦)

無断転載・複製を禁じます
1740683 0 ニュース 2020/12/31 19:30:00 2020/12/31 19:30:00 2020/12/31 19:30:00 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走。復路 9区を先頭で力走し、区間賞の青学大・神林勇太。2020年1月3日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201231-OYT1I50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)