読売新聞オンライン

メニュー

走り込んで培った粘り…小袖英人(明治大4年)箱根駅伝エースの群像

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)は来年1月2、3日、東京・大手町の読売新聞社前から箱根・芦ノ湖までを往復する10区間217・1キロで行われる。優勝争いを意識する明治大の小袖英人(4年)ら、チーム浮沈のカギを握る強豪校のエースランナーを紹介する。

3位以内をうかがう明大のエース小袖英人
3位以内をうかがう明大のエース小袖英人

実力プラスアルファの走りで「区間新狙う」

 前回の箱根駅伝でチームは目標のシード権を獲得したが、自身は1区で区間10位。「最低限の走りしかできず悔しかった」。チームの成果を喜びつつも、自身の結果には納得することなく、「最後の箱根では区間賞」を目標に掲げた。

 前回は終盤の勝負所で他選手の仕掛けについていけず、「最後の絞り出しが劣っている」と痛感した。長い距離を走り込む練習は苦手だったが、「今年はロングジョグを昨年までより10~20分くらい長く走るようにした」。じっくりと課題克服に努めた結果、11月の全日本は2区で区間4位と快走してチームの3位躍進に貢献。「ハイペースで入った割に後半も粘れた」と手応えをつかんだ。

 エース不在と言われてきたチームの中で、山本佑樹監督が「実力プラスアルファの走りができる選手。爆発してほしい」と期待を寄せる存在だ。「結果でエースということを示したい。区間新も狙っていく」。最後の箱根路で、力を証明してみせる。(脇西琢己)

無断転載・複製を禁じます
1740688 0 ニュース 2020/12/31 19:20:00 2020/12/31 19:20:00 陸上。早稲田大学競技会兼トラックゲームズ in TOKOROZAWA。トラックゲームズ男子5000メートル。力走する明大・小袖英人。埼玉県所沢市の早稲田大学織田幹雄記念陸上競技場で。2020年10月11日撮影。明大の躍進を支える小袖英人。2020年11月11日朝刊「箱根駅伝 戦力分析 往路から攻める 明大」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201231-OYT1I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)