読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

瀬古さんも驚き隠さず「史上最も遅いんじゃないですか」…超スローペースの1区

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

箱根駅伝特集ページはこちら

 箱根駅伝は2日、1区がスタートした。

スローペースとなり横一線に並ぶ箱根駅伝1区の選手たち(2日、東京都内で)=早坂洋祐撮影
スローペースとなり横一線に並ぶ箱根駅伝1区の選手たち(2日、東京都内で)=早坂洋祐撮影

 精鋭がそろい高速レースが予想されたが、互いにけん制しあって立ち上がりはゆっくりとしたペース。最初の1キロは3分33秒もかかった。テレビ解説の瀬古利彦さんは「史上最も遅いんじゃないですか」と驚きを隠さなかった。

 1キロ手前で東海大の塩沢稀夕(4年)が先頭に立ち、ペースを上げた。

 5キロ、15分6秒で通過。ゆっくりとしたペースは変わっていない。東海大・塩沢に加え、青学大のエース吉田圭太(4年)、早大の井川龍人(2年)らが集団を引っ張っている。

 10キロを通過。30分40秒ほどもかかった。1人も集団から離れることなく21人が一団となって超スローペースの展開。東海大の塩沢が集団の真ん中に位置を移し、横に広い隊形になっている。

 11キロ過ぎ、前回大会で1区2位の国学院大・藤木宏太(3年)が先頭に立ちややペースを上げた。それでも全員が集団となっていて、21人が36分40秒ほどで12キロを通過した。

 15キロを通過。国学院大・藤木が集団を引っ張っている。早大・井川、帝京大の小野寺悠(4年)が好位置につける。

 山梨学院大の新本駿(1年)、国士館大の山本龍神(1年)、専大の高瀬桂(2年)が集団から遅れ始めた。

 19キロ付近、青学大の吉田、東海大の塩沢、法大の鎌田航生(3年)、早大の井川らが先頭を争う。駒大・白鳥は遅れた。

 残り1キロを切って、法大のエース格、鎌田がスパート。東海大の塩沢が懸命に追った。

 鎌田がそのまま先頭でタスキをつないだ。2位に6秒差で東海大の塩沢。創価大、神奈川大、早大が続いた。青学大は18秒差の6位で中継所に駆け込んだ。スーパールーキー、順大の三浦龍司は、31秒差の10位、全日本の覇者駒大は、47秒差の15位だった。

無断転載・複製を禁じます
1742336 0 ニュース 2021/01/02 08:09:00 2021/01/02 15:55:04 2021/01/02 15:55:04 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210102-OYT1I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)