読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

創価大がトップで5区へ、2位駒大・早大が5人抜きで3位に…東海大6位に後退

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

箱根駅伝特集ページはこちら
4区で東海大の佐伯陽生(右)を抜いて首位に立った創価大の嶋津雄大(2日)=早坂洋祐撮影
4区で東海大の佐伯陽生(右)を抜いて首位に立った創価大の嶋津雄大(2日)=早坂洋祐撮影

 箱根駅伝は4区に入った。

 先頭の東海大・佐伯陽生(1年)は軽快な足取りでレースを進めている。

 5・5キロ付近、平塚中継所を34秒遅れでスタートした創価大の嶋津雄大(3年)が東海大の佐伯を抜いた。嶋津は昨年の大会の10区で区間新を樹立した実力の持ち主。ほとんど並走することなく、一気に差を広げた。

 8・9キロの二宮を創価大・嶋津は快調なペースで通過した。東海大・佐伯は34秒差。3位で東京国際大と駒大が続いた。

 帝京大が5位に順位を上げ、6位は東洋大、7位順大。8位の早大は1位と2分36秒差。神奈川大、日体大と続き青学大は11位で変わらず。1位との差は3分50秒と依然として大差がついている。

 国学院大、拓大、城西大、国士館大、法大、明大、中大、山梨学院大も通過した。

 13キロ付近、56秒遅れで平塚中継所を出た駒大の酒井亮太(2年)が、2位の東海大・佐伯をとらえ、前に出た。

 2位争いは抜きつ抜かれつ。16キロ過ぎに抜かれた駒大の酒井は17キロ付近では東海大の佐伯を再び突き離した。佐伯は東京国際大の宗像聖(2年)に迫られている。

 「往路3位以内」という目標だった創価大の嶋津が、最後は左太ももをたたき、苦しい表情を見せたものの、そのままトップで小田原中継所に入った。

 2位は駒大で1分42秒差。3位は早大。8位から順位を大きく上げた。4位は東京国際大、5位東洋大。東海大は6位に落ち、先頭と2分20秒差。7位順大、8位帝京大、

9位は神奈川大。青学大は10位で先頭と3分41秒差がついた。

11位は日体大。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1742512 0 ニュース 2021/01/02 11:27:00 2021/01/02 12:32:05 4区で首位に立った創価大の嶋津雄大(左、右は東海大の佐伯陽生)(2日)=早坂洋祐撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210102-OYT1I50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)