読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

駒大13年ぶり7度目の箱根総合V、最終10区で大逆転…2位創価・3位東洋・4位青学

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

箱根駅伝特集ページはこちら
総合優勝を決め、ゴールテープを切る駒大の石川拓慎(3日午後、東京・大手町の読売新聞社前で)=守谷遼平撮影
総合優勝を決め、ゴールテープを切る駒大の石川拓慎(3日午後、東京・大手町の読売新聞社前で)=守谷遼平撮影

 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)は3日、復路が行われ、駒大が10時間56分4秒で13年ぶり7度目の総合優勝を飾った。

 往路3位だった駒大は、往路優勝の創価大を10区の残り2キロ余で逆転した。

 2位は創価大、3位は東洋大。連覇を狙った青学大が往路12位から巻き返し、4位に入った。

 5位は東海大、6位早大、7位順大、8位帝京大、9位国学院大。東京国際大が10位でシード権を確保した。優勝候補の一角といわれた明大は11位。26秒差でシード権を逃した。

無断転載・複製を禁じます
1744302 0 ニュース 2021/01/03 13:43:00 2021/01/03 21:14:17 2021/01/03 21:14:17 1位でゴールする駒大の石川拓慎(3日午後1時27分、東京・大手町の読売新聞社前で)=守谷遼平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210103-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)