読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

駒大・大八木監督「ああ無理かな」からの逆転…「谷間世代」のアンカー石川「やってやったぜ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

箱根駅伝特集ページはこちら

 3日に行われた箱根駅伝。駒大が、最終10区で3分19秒差をひっくり返す大逆転優勝を果たし、全日本大学駅伝との2冠を達成した。

 優勝候補の本命とみられていた駒大だが、大八木弘明監督は「9区が終わった時点でああ無理かな」と思ったそう。「あきらめなければ何が起きるかわからないと感じた」と振り返った。

 10区の石川拓慎(3年)には「自分のペースで、区間賞狙いで行けばいい」言って送り出したという。

チームメートに迎えられ、笑顔を見せる駒大アンカーの石川拓慎(左)(3日午後、東京・大手町の読売新聞社前で)=泉祥平撮影
チームメートに迎えられ、笑顔を見せる駒大アンカーの石川拓慎(左)(3日午後、東京・大手町の読売新聞社前で)=泉祥平撮影

 その石川は「あきらめずに、去年悔しい思いをしたので、この同じ区間でやってやろうと思っていた」そうだ。

 去年も10区を走り、順位を一つ上げたものの8位に終わっていた。また、3年生は谷間世代と言われていたといい、見返してやりたい思いもあったようだ。「自分もやってやろうと思っていた。ゴールテープを切った時には、やってやったぜと思った」。1時間9分12秒で区間賞も獲得した。

 大八木監督にとっては、また格別な優勝だった。4連覇を含め、9年間で6度箱根を制し、平成の常勝軍団と言われた駒大も最近はシード落ちも経験するなど低迷した。13年ぶりの頂点に「本当にうれしい。なかなか勝てなかったので」。そして石川、6区区間賞の花崎悠紀、8区4位の佃康平とそろって好走した3年生には「今回は3年生に救われた」とねぎらった。

 控えに回った主将の神戸駿介(4年)はこう言った。「すごい感動させてもらった。来年は、力のある選手がまだまだいる。2連覇が懸かってくるが期待しかない」。

無断転載・複製を禁じます
1744379 0 ニュース 2021/01/03 15:05:00 2021/01/04 07:24:46 2021/01/04 07:24:46 チームメートに迎えられ、笑顔を見せる駒大の石川拓慎(左)(3日午後、東京・大手町の読売新聞社前で)=泉祥平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210103-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)