読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

あと一歩及ばず、初V逃した創価大監督「悔しさを忘れず来年に向けて準備」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

箱根駅伝特集ページはこちら
がっくりと肩を落としゴールする創価大アンカーの小野寺勇樹(3日)=泉祥平撮影
がっくりと肩を落としゴールする創価大アンカーの小野寺勇樹(3日)=泉祥平撮影

 3日に行われた箱根駅伝。ゴール2キロ手前で逆転されて、初優勝を逃した創価大の榎木和貴監督は「2番で当初の目標(3位以上)をクリアした。次の挑戦をしようということで、前向きに考えたい」と話した。

 4区でトップに立ち、往路優勝。復路も9区までは各選手が安定した走りを見せ、悠々とトップを守っていた。10区に入る時点で2位駒大との差は3分19秒もあったが、小野寺勇樹(3年)が区間20位の大ブレーキだった。それでも「選手たちはよく頑張ってくれた。指導者として優勝できるチーム作りは(就任)2年では早いといわれているということ」と前を向いた。

 下馬評が高くなかったチームが快進撃した事実は変わらない。自身は中大時代に箱根で区間賞を取るなど活躍した監督は「想像以上の走りをしてくれて、頼もしい選手たちだった。最後、優勝のゴールテープを切れなかったのは課題を与えられたということ。この悔しさを忘れずに来年の箱根に向けて準備したい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1744402 0 ニュース 2021/01/03 15:30:00 2021/01/04 19:02:48 2021/01/04 19:02:48 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/souka-20210103-OYT1I50055-1.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)