読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナで沿道様変わり、観戦者85%減…声援自粛・給水員はマスク

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、テレビやラジオでの観戦を呼びかけるなど異例の態勢で2、3日に行われた箱根駅伝。選手、監督らは、例年と異なる沿道の風景に戸惑いつつも、大会が無事行われたことに感謝していた。

 通常は各校の応援団の太鼓の音が鳴り響く中、選手が飛び出していく箱根芦ノ湖。今回は応援自粛が呼びかけられたため、3日朝は静かな復路スタートとなり、選手たちは無人の山中を駆けおりる時間が続いた。

 関東学生陸上競技連盟によると、沿道の観戦者は前回の約121万人から85%減の約18万人。選手に声援を送らないよう呼びかけたため、静かな路上に時折、運営管理車から監督が「区間賞取れるぞ、がんばれ」などと、選手を励ます声だけが響いた。

新型コロナ対策として、給水員にはマスクとゴーグル、手袋の着用が義務づけられた(3日午前、神奈川県小田原市で)=早坂洋祐撮影
新型コロナ対策として、給水員にはマスクとゴーグル、手袋の着用が義務づけられた(3日午前、神奈川県小田原市で)=早坂洋祐撮影

 ゴールでの胴上げや、中継地点での選手同士の声がけも禁止された。給水では、マスクとゴーグル姿の給水員が素早くランナーに走り寄り、使い捨て手袋で握ったペットボトルを手渡した。

 中央大の藤原正和監督は「山の区間は例年と比べて声援が少なく、少し盛り上がらない部分もあった。いつもの高揚感を得るのが難しかった」と選手の心情を思いやり、東海大2区の名取燎太選手(4年)は「沿道の人の数が少ないなと思った。テレビで応援している方がいると思って走った」と語った。一方、法政大の坪田智夫監督は「現地ではなくても、メッセージやメールなどいろいろな形の応援の声は、我々に届いていた」と明かした。

 コロナ禍で一時は開催が危ぶまれた今大会。東京国際大10区の杉崎翼選手(4年)は初めて走った箱根駅伝に、「うれしかった。中学校からの夢がかなった」と感激していた。

 関東学連の有吉正博会長は「沿道の観戦者数が大幅に減少したのは、呼びかけをご理解いただいた結果。皆様のご協力に深く感謝申しあげます」との談話を発表した。

無断転載・複製を禁じます
1745104 0 ニュース 2021/01/03 23:13:00 2021/01/04 01:19:56 2021/01/04 01:19:56 箱根駅伝7区で水分補給する創価大の原富慶季(3日午前9時28分)=早坂洋祐撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210103-OYT1I50076-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)