読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

箱根駅伝「山登り」で強気に2位争い…駒沢大5区・鈴木芽吹(1年)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2、3日に行われた第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=読売新聞社共催)では、大会前から注目を浴びた大型ルーキーたちが、期待に応えて躍動した。来季以降はチームを引っ張る役割を担う、将来のエース候補たちを紹介する。

山登りの5区へ挑んだ駒大の鈴木芽吹(右)
山登りの5区へ挑んだ駒大の鈴木芽吹(右)

前回区間賞ランナー相手に引かず、区間4位

 夏から起用を示唆されてきたという5区。駒沢大の鈴木芽吹(1年)は、山登りに「苦手意識はない」という。その素質を見せつけ、チームの大逆転優勝に一役買った。

 2位でタスキを受け取ると、6キロ過ぎで前回区間賞の東洋大・宮下隼人(3年)に追いつかれたが、食らいついた。13キロ過ぎで引き離された後も、気持ちは切らさない。一度は開いたその差を縮め、区間4位の好走で往路を3位で締めた。それでも「最後は体が冷えて動かなくなってしまった。2位を死守したかったのに」と悔しさが口をついた。

 生粋の負けず嫌い。3区5位と健闘した全日本大学駅伝を「物足りないし力不足」と言い切り、「箱根で取り返す」と闘争心に変えてみせた。スピード練習でも長い距離走でも、常に設定タイムを上回ろうとする姿勢に、大八木弘明監督も「すごく気持ちが強い子」と一目を置いている。

 長野・佐久長聖高では3年目の全国高校駅伝で1区7位。トラックでも昨年11月に1万メートルで28分23秒87の好記録をマークするなど成長著しい。目標は日本選手権1万メートルで8位に入った2年生エースの田沢廉。「田沢さんに追いつけるような存在になりたい」。大きな背中を追い、名門の柱となるつもりだ。(後藤静華)

無断転載・複製を禁じます
1750167 0 ニュース 2021/01/06 05:00:00 2021/01/06 11:02:38 2021/01/06 11:02:38 小田原中継所でたすきをつなぐ駒大4区の酒井亮太(左)と5区の鈴木芽吹(2日、小田原中継所で)=園田寛志郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210105-OYT1I50091-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)