読売新聞オンライン

メニュー

全力尽くした箱根駅伝、挫折は人生のバネに…青山学院大5区・竹石尚人(4年)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 駒大が13年ぶり7度目の総合優勝を果たした第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=読売新聞社共催)。大会史上に残る最終10区残り2キロでの逆転劇の陰で、別のドラマも演じられていた。卒業を1年延ばして「山の神」を目指した5年生。箱根駅伝のもう一つの物語「アナザー・ストーリー」を紹介する。

往路のゴールに向かう竹石(右)
往路のゴールに向かう竹石(右)

立ち止まった「5年生」無念の山登り

 これが3度目の山登り。10位でタスキを託され、「一つでも前の順位へ」と気合が入った。しかし、13キロ過ぎ、脚のけいれんで立ち止まる。何とか走り始めたが、17キロ過ぎに再びストップ。順位を二つ下げ、「結果が全てなんで……」と無念さをにじませた。

 登録は「4年生」だが、大学5年目。前回大会は故障もあり、原すすむ監督に出場辞退を申し出た。「練習できている選手が入った方がいい。同じ立場なら、皆が同じことを言ったはず」。規則では箱根駅伝に出場できるのは4度まで。両親と相談し、卒業を1年延ばして再挑戦を決意した。

 大分・鶴崎工高では全国区の選手ではなく、「強くなれる環境でもまれたい」と青学大へ進んだ。登りの適性を見いだされたのは、2年の夏。涼しい顔で起伏を走る姿が監督の目に留まり、OBの神野大地(セルソース)に続く「山の神」として期待された。

 しかし、本番で力を出し切れない。区間5位で4連覇に貢献した2年時も、区間13位に沈んだ3年時も、脚がけいれんした。今季、1万メートルで自己記録を更新するなど走力を高めて臨んだが、またもはね返され、チームも総合連覇を逃した。

 ただ、原監督の言葉は温かかった。「ここから彼の新たな人生は始まる」。卒業後、静岡のテレビ局に就職する竹石に「全力を尽くした者の挫折は次へ向かうバネになる。本当の悔しさを知るからこそ、アスリートに寄り添った番組を作れる」とエールを送った。

 時に4年生らの相談に乗った「5年生」は大会前、しみじみ語った。「卒業延期を認めてくれた両親、監督、スタッフ、チームメート。たくさんの方に支えてもらった1年だった」。山の神にはなれなかったが、その挑戦は自身を一回り成長させた。(平野和彦)

無断転載・複製を禁じます
1754883 0 ニュース 2021/01/08 05:00:00 2021/01/08 09:50:07 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走 往路 5区を12位でゴールする青学大の竹石尚人(右)(2日午後1時35分、神奈川県箱根町で)=沼田光太郎撮影5区を走る青学大の竹石尚人(右)(2日)=沼田光太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210107-OYT1I50074-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)