読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

速度アップにインターバル…箱根駅伝[ラントレ]

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

拓大・山下監督
拓大・山下監督

拓殖大・山下拓郎監督(36)

 ハーフマラソンなどを目指す初心者ランナーに、基本的なスピードを上げるインターバルを紹介します。

 距離は色々アレンジできますが、まずはポピュラーな1000メートル5本と、400メートル10本をやってみましょう。

 インターバルは一定の距離を疾走した後、息を整えるジョグを挟み、本数をこなします。1000メートルなら400メートルほど、400メートルなら200メートルほどを、ゆっくりとしたジョグでつなぐといいでしょう。

 1000メートルのタイムは5キロの自己記録のペースよりやや速めで、400メートルは更に速く設定します。大事なのは全力で走らないこと。本数を重ねて失速したり、フォームを崩したりしては意味がないのです。終わって力が余りすぎてもいけませんが、同じタイムで全部をやりきれるペースをつかんでいきましょう。週に1回程度行えば、春には記録更新が期待できます。

 箱根駅伝で競う各校の練習方法を紹介していく。

無断転載・複製を禁じます
1843943 0 ニュース 2021/02/15 16:20:00 2021/02/15 16:20:00 2021/02/15 16:20:00 拓大、山下拓郎監督 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210215-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)