読売新聞オンライン

メニュー

リベンジの箱根駅伝へ、青山学院大の伏兵・西久保遼がハーフV…関東インカレ熱戦記

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 陸上の関東学生対校選手権は今年第100回の節目を迎え、5月20日から4日間の日程で行われた。「関東インカレ」と呼ばれ、総合得点を争うチーム戦は、箱根のエースたちの成長を問う試金石だ。(編集委員 近藤雄二)

2部ハーフマラソンを制した青学大の西久保遼
2部ハーフマラソンを制した青学大の西久保遼

原監督ご満悦「完全優勝めざせる布陣だよ」

 各種目1校3人だけが出場できる関東インカレは、箱根駅伝のキーマンたちも母校の誇りを懸けて挑む伝統の一戦。主力選手の成長をうかがう格好の機会に、まずは「2部ハーフマラソン」に注目した。

 なぜ「2部」かといえば、今年の箱根で優勝した駒大、2位創価大、4位青学大など箱根上位校がそろっていたためだが、期待以上に白熱したレースとなった。

 トップ集団は終盤、駒大の花尾恭輔(2年)、青学大の西久保遼(3年)、東京国際大のルカ・ムセンビ(3年)の箱根シード校3人に絞られた。そして、スパート合戦の末、西久保が同タイムで花尾を抑えて優勝、1秒差でムセンビが3位となった。西久保は今年の箱根で16人の登録メンバーから漏れた選手。その伏兵が、箱根の7区4位で駒大の優勝に貢献した花尾、留学生のムセンビを打ち負かしたのには正直驚いた。

 「青学大代表として絶対に勝つという気持ちで臨んで、最後はライバル校に負けるわけにはいかないと思っていました」と西久保。箱根で連覇を阻まれた駒大の主力を、気持ちで上回った。むろん、原 すすむ 監督もご満悦だった。「今回は学生の大会で勝負重視。そこで練習の虫の西久保が競り勝ったのは大きい。今年は箱根で完全優勝を目指すくらいの布陣だよ」

 分厚い層を誇る青学大には今季、即戦力の新入生が多数加入した。その中で、伏兵的存在の西久保が2部ながら「関東一」の称号を手にしたのだから、指揮官が自信を深めたのも当然だ。箱根は4位に甘んじた青学大だが、リベンジへの「意気」をひしひしと感じた。

左から、駒沢大の唐沢拓海と順天堂大の三浦龍司
左から、駒沢大の唐沢拓海と順天堂大の三浦龍司

紫紺の勢い鮮やか…駒沢大・順天堂大

 しかし、その後行われた2部トラック種目では、王者駒大の強さにうなった。

 1万メートルは箱根で出番のなかった唐沢拓海(2年)が、留学生には及ばなかったが日本人最上位の3位。3日後の5000メートルでは、その唐沢が、5月上旬の日本選手権1万メートルで3位と大健闘したチームメート鈴木 芽吹めぶき (2年)と日本人トップを争い、最後は鈴木に0秒22差をつけ、再度3位を占めた。

 唐沢は「大八木監督には青学大の1年生3人に負けちゃダメだぞと言われていて、そこに勝てたのと芽吹にも勝てたので良かった」。今大会で駒大は、日本選手権1万メートル2位の大エース田沢廉(3年)を温存したが、そこで唐沢という新鋭が躍進。ライバル校は、その背中がさらに遠のいたと感じたのではないか。

 一方、1部では順大の充実を改めて感じた。主役は、やはり三浦龍司(2年)。5月9日に3000メートル障害で日本記録を作った直後だったが、今回は「本職」を封印。1500メートルを圧巻のスパートで制すと、5000メートルは日本人トップの2位。チームの総合優勝の功労者となった。ハーフマラソンでは四釜峻佑(3年)が4位に入り、1万メートルでは野村優作と伊予田達弥(いずれも3年)が5、6位。1500メートル以上の中長距離で41点を荒稼ぎした。

 三浦は「100回大会でチームとして総合優勝にかける思いは一番強かった。チームの思い、全員の思いも背負いながら走り、結果として勝つことができてすごく良かった」。さっそうとチームを率いる三浦を中心に、順大には強い上昇気流が生じている。

 各校が総力を挙げる関東インカレでは、駒大と順大の「紫紺」の勢いが、鮮やかに浮かび上がった。

関東インカレの仕組み

 男子は1部が16校、それ以外が2部、大学院の3部に分かれる。各種目入賞者には1位8点、2位7点~8位1点と得点が与えられ、総合得点で1部下位2校と2部上位2校が毎年入れ替わる。そのため、1部は短距離やフィールド種目まで総合的に強化する大学が多く、長距離主眼の大学は2部にとどまる傾向がある。

筆者プロフィル

近藤雄二 (こんどう・ゆうじ)1968年生まれ。早大時代に箱根駅伝3度出場。2019年にフルマラソンで2時間44分16秒をマーク。

無断転載・複製を禁じます
2142960 0 ニュース 2021/06/21 16:50:00 2021/06/21 16:50:00 関東インカレ男子2部ハーフマラソンで1位の青学大・西久保遼(5月20日、よみうりランドで)=守谷遼平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210621-OYT1I50082-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)